コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教壇条項 きょうだんじょうこうKanzelparagraph

2件 の用語解説(教壇条項の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教壇条項
きょうだんじょうこう
Kanzelparagraph

南西ドイツカトリック教徒を主体とする中央党の反抗に対して,ビスマルクが 1871年 11月発布した,聖職者の反政府宣伝を禁止するドイツ帝国刑法第 130条の別名。文化闘争を起す原因となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

教壇条項
きょうだんじょうこう
Kanzelparagraphドイツ語

ビスマルクが文化闘争中発布した法令。1871年成立したドイツ帝国では、人口の約3分の1を占めるカトリック教徒が、新教国家プロイセンの支配に反感を抱き、中央党を結成して政府を批判した。そのため、新帝国の強化を目ざすビスマルクはカトリック教徒弾圧に乗り出し、71年11月カトリック聖職者が説教壇から反政府宣伝を行うことを禁止するこの条令を発布し、文化闘争は本格化した。[木谷 勤]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone