コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教学局 きょうがくきょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教学局
きょうがくきょく

1937年教学刷新評議会の答申に基づいて,文部省外局として設置された行政機関。従来,学生,生徒の思想対策を担当していた思想局を発展的に継承したもので教学の刷新と振興を任務とした。 42年文部省の内局となり,43年の図書局と教化局の廃止に伴って両局の所掌事務を包摂した。第2次世界大戦の末期にあって,強力な思想行政を展開し,国民の思想統制に大きな役割を果した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうがくきょく【教学局】

1937年(昭和12)設置された文部省の局。戦時体制推進の一翼を担って、国家思想の高揚、教学の普及・刷新を目的とした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の教学局の言及

【教学刷新】より

…36年の同評議会の答申に基づき,直轄学校における日本文化講義,高等教育機関の教員を対象とした日本文化講習,および人文科学・社会科学の学会活動を規制する日本諸学振興委員会などの設置に着手するとともに,広く中等教育・師範教育・高等学校(旧制)教育などの教育内容への思想対策上の〈指導〉を強化した。これらの推進のために,37年思想局を廃止し,新たに文部省の外局として教学局を設置した。こうして,1935年から45年の敗戦に至るまでの間,自然科学を除く他の分野の学問・教育・思想は,この〈教学刷新〉の対象とされたのであった。…

※「教学局」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

教学局の関連キーワード菊池 豊三郎小林 光政菊池豊三郎武田篤初小林光政田辺元筧克彦普及一翼

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android