内局(読み)ないきょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内局
ないきょく

外局に対する用語で,一般には府および省の内部部局たる部局をいうことが多いが,国家行政組織法7条に規定された内部部局をさすこともある。内部部局については,府および省には,その所掌事務の遂行のために官房および局がおかれる。またこの官房または局には,必要な場合,部をおくことができる。さらにこれら官房,局,部には,課やこれに準じる室をおくことができる。また,および委員会の事務局にも,官房,局 (長が国務大臣の庁のみ) ,部,課,室をおくことができる。なお,従来これら官房,局,部の設置および所掌事務の範囲は法律事項とされていたが,1983年の国家行政組織法の改正により政令事項とされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

内局【ないきょく】

内部部局ともいう。総理府の本府および各省本省内に置かれ,その所掌事務を分担遂行する部局。設置,事務の範囲は法律で定める。外局(庁,委員会の総称)に対する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ないきょく【内局】

内局とは,外局に対する概念であって,外局を除くいわゆる本府・本省の内部部局(官房,局,部,課,室)のうち,一般に府省の基本的任務を体現する基幹的組織としての局クラスの内部組織をさすものである。その例としては,総理府賞勲局,法務省民事局,外務省アジア局,大蔵省主計局,文部省初等中等教育局,厚生省公衆衛生局,農林水産省農林経済局などがある。局は,府省においては必置であり,その設置・所掌事務の範囲は政令事項とされているが(国家行政組織法7条1,5項),その設置数は当分の間総量的に規制されている(25条)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ない‐きょく【内局】

〘名〙
① 明治九年(一八七六)内務省、同一四年警視庁と参事院、同一六年海軍省に設けられ、省・庁・院の庶務や文書などに関する事務を扱った部局。内務省は同一八年、警視庁と参事院は同一四年、海軍省は同一七年廃止。
② 内閣府および各省庁の内部組織として設けられる局の総称。⇔外局
③ 仏教で、各宗の総務局に当たるもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内局の関連情報