コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たたき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


たたき

江戸時代,庶人男性に科せられた刑罰の一つ。罪民を箒尻 (ほうきじり) で「敲」いて放免する刑。享保5 (1720) 年耳切 (みみきり) ,鼻そぎの刑に代えて設けられたもので,律の笞杖を復活したものというよりも,明,清律を模倣したものとみられる。『公事方御定書』には「敲」について,牢屋の門前において,検使役人をつかわして牢屋同心に罪人の肩より尻にかけ,背骨を除き,気絶しないように,「敲」かせ,その数は単なる敲 (軽敲) が 50,重敲は 100,また受刑者町人であればその家主,名主を,在方であれば名主,組頭を呼んでこれを見せ,処刑後,身柄を引渡すが,無宿者の場合は門前払いにする,といった内容が規定されている。なお,これと入墨を併科することもあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こう【敲】[漢字項目]

[音]コウ(カウ)(漢) [訓]たたく
指先やこぶしで軽くたたく。ノックする。「推敲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たたき【敲】

江戸幕府の刑罰の一種。箒尻(ほうきじり)(竹片2本を麻苧(まお)で包み,その上にこよりを巻いた長さ58cmほどのもの)で罪囚の肩,背,臀(しり)を打つ身体刑(肉刑)。打つ回数によって五十敲(敲,軽敲(かるきたたき))と百敲(重敲)の別があった。庶民男子にのみ科し,武士・僧侶には適用せず,女子については過怠牢(かたいろう)の刑に換えた。単独で軽い盗犯や博奕(ばくち)犯などに科せられたほか,二重御仕置(にじゆうおしおき)(敲のうえ追放,敲のうえ所払(ところばらい),入墨のうえ敲)もあり,適用の頻度は高かった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【刑罰】より

…それ以外にも家内に謹慎させる戸〆(とじめ),非人の身分に編入する非人手下(ひにんてか),女性に対する剃髪(ていはつ),女性に対する労役刑である(やつこ)刑,〈新吉原町へ取らせ遣わす〉という隠売女(かくしばいじよ)を吉原に下付して奴女郎にする刑等があった。(2)は入墨刑,(たたき)刑によって構成されている。幕府ははじめ耳そぎ,鼻そぎの刑を用いたが,1720年(享保5)将軍吉宗が明律の刺字(しじ)(顔面への入墨),中国法系の笞杖(ちじよう)刑を参照して入墨,敲刑に代え,窃盗罪,博奕罪の刑とした。…

【牢屋】より

…永牢とは無期禁錮の刑で,死刑,遠島に相当するものが自訴した場合や,諸藩で遠島刑に用いるべき島がないときに,遠島に代わる刑として採用すべきものとされた刑罰であるが,費用がかさむうえ,受刑者が他の未決囚に悪影響を及ぼすため,あまり適用されなかった。過怠牢は,女性と無宿でない15歳未満の者に対して,(たたき)刑の代りに科した禁錮刑で,刑期は30日または50日であり,幼年者が牢で成人と雑居させられるのであるが,この適用例はかなりあった。なお牢屋では懲役刑は行われることがなく,したがって牢屋には懲役監としての性格はなかった。…

※「敲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

敲の関連キーワードチョッピング・ツール小湊フワガネク遺跡ハンドアックス大鹿窪遺跡敷石住居址攴繞・攵繞ありがとうチョッパー丁村遺跡藍田原人宿毛貝塚城山遺跡岩宿遺跡今山遺跡国府遺跡江戸幕府御物石器上矢敲氷尾台榕堂磯山遺跡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

敲の関連情報