コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

整流管 せいりゅうかんrectifier tube

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

整流管
せいりゅうかん
rectifier tube

交流から直流を得る (整流) ために用いられる電子管。検波や小電力 (低電圧,小電流) の整流には二極管,高電圧の整流にはケノトロン,大電流の整流には熱陰極水銀整流管および冷陰極水銀整流管などが用いられる。しかし最近ではシリコンなどを用いた半導体整流器にほとんど取って代られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

整流管【せいりゅうかん】

交流を直流に変える働きをする電子管。交流用のラジオ受信機等に用いられる二極管には,陽極が1個の半波整流管と,陽極が2個の全波整流管がある。希ガスを封入したタンガー整流管,水銀蒸気を用いた高電圧電源用の熱陰極水銀整流管など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

せいりゅうかん【整流管】

整流用の電子管。二極真空管と熱陰極水銀整流管・タンガ整流管などの放電管とがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

整流管
せいりゅうかん
rectifier tube

整流を目的とする真空管と熱陰極放電管。いずれも二極管構造で、陰極から放出する電子が、陽極が正電位の場合だけ電流として流れ、逆の場合は電流を流さないことを利用する。
 真空管による整流管は、陰極に直熱型と傍熱型とが使用され、高耐圧が要求されるときには、トリウム入りタングステンとか純タングステンの直熱型フィラメントが使用される。この整流管は受信機、送信機、X線装置などに用いられる。
 熱陰極放電管によるものは水銀蒸気とかアルゴンガスが封入され、封入ガスによる管内電圧降下により、効率よく大電流が得られるが、耐圧は一般に低い。低電圧大電流の整流には、それに適するようにとくに封入ガスの圧力を高くしたタンガー整流管が、高電圧大電流用には熱陰極水銀整流器が用いられる。[岩田倫典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

整流管の関連キーワードラングミュア整流器

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android