文久の改革(読み)ぶんきゅうのかいかく

百科事典マイペディアの解説

文久の改革【ぶんきゅうのかいかく】

1862年,勅命により実施された幕政改革。鎖国体制から開国への移行に伴う尊王攘夷運動の激化,将軍継承問題を巡る一橋派・南紀派の対立など政治の混乱が続いた時期であった。若年の将軍徳川家茂を補佐する役として,一橋家の当主一橋慶喜将軍後見職に任命。越前藩の前藩主松平慶永(春嶽)を政事総裁職,会津藩主松平容保京都守護職に任命した。また,隔年交代制であった大名参勤交代を3年に一度に改め,江戸在留期間も100日とし,江戸に置かれていた大名の妻子についても帰国を許可することとした。幕府陸軍の設置,西洋式兵制の導入など軍制改革蕃書調所を洋学調所と改めるなど洋学研究もてこ入れした。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android