コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文化3年の大火 ぶんかさんねんのたいか

2件 の用語解説(文化3年の大火の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

文化3年の大火【ぶんかさんねんのたいか】

文化3年(1806年)3月4日に江戸の車町(くるまちょう)(牛町ともいい現港区)から出火し,大名小路の一部,京橋日本橋のほぼ全域,神田浅草の大半を類焼した大火。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんかさんねんのたいか【文化3年の大火】

車町火事,牛町火事,丙寅火事ともいう。明暦の大火目黒行人坂の大火に次ぐ江戸三大火の一つ。1806年(文化3)3月4日正午前,芝車町泉岳寺前から出火,西南の強風にあおられ,大名小路,京橋,神田,浅草に延焼,翌日昼前,早朝からの大雨でようやく鎮火した。焼失面積は幅平均7町(約800m),長さ2里余(8km余)。大名屋敷80余,寺社は芝増上寺,芝神明社,東本願寺等80余,町数530余町を全焼,死者は1000名を超えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

文化3年の大火の関連キーワード振袖火事火事頭巾火事場火事場泥棒川向こうの火事竹屋の火事火を見たら火事と思え船火事火事泥火事見舞

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone