斑点病(チモシー)

飼料作物病害図鑑の解説

斑点病(チモシー)

北部及び高冷地で最も一般的なチモシーの斑点性病害。春から秋にかけて発生するが、夏に最もまん延する。初め紫黒色の小点であるが、後に中央部灰白色、周縁部紫黒色の円形病斑となる。病斑の大きさは直径2ー3mm程度だが、多発すると葉先から巻き上がるように枯れる。病原菌はチモシーにのみ寄生する。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android