コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斑点病(チモシー)

飼料作物病害図鑑の解説

斑点病(チモシー)

北部及び高冷地で最も一般的なチモシーの斑点性病害。春から秋にかけて発生するが、夏に最もまん延する。初め紫黒色の小点であるが、後に中央部灰白色、周縁部紫黒色の円形病斑となる。病斑の大きさは直径2ー3mm程度だが、多発すると葉先から巻き上がるように枯れる。病原菌はチモシーにのみ寄生する。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

斑点病(チモシー)の関連キーワード夏斑点病(オーチャードグラス)いぼ斑点病(アルファルファ)いぼ斑点病(アカクローバ)いぼ斑点病(シロクローバ)がまの穂病(チモシー)斑点病(ブロムグラス)夏斑点病(ライグラス)斑点病(ライグラス)斑点病(フェスク)チューリップウイルス病斑点細菌病トレポネマ斑点病キク樹病

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android