コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斑点病(ブロムグラス)

飼料作物病害図鑑の解説

斑点病(ブロムグラス)

葉に斑点を形成する糸状菌病。病斑は初め褐色の小点あるいは短い線状であるが、徐々に拡大して褐色、楕円形〜紡錘形、長さ0.2-3cm、幅 0.1-1cmの病斑になる。病斑の大きさは非常に変異が大きい。病原菌はフェスク斑点病菌、ライグラス夏斑点病菌と同種であるが、寄生性の点でも同じか どうかは明らかではない。寄主範囲は広い。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報

斑点病(ブロムグラス)の関連キーワード夏斑点病(オーチャードグラス)いぼ斑点病(アルファルファ)いぼ斑点病(アカクローバ)いぼ斑点病(シロクローバ)がまの穂病(チモシー)夏斑点病(ライグラス)斑点病(ライグラス)斑点病(フェスク)チューリップ斑点細菌病トレポネマウイルス病樹病キク

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android