新儀(読み)しんぎ

世界大百科事典 第2版「新儀」の解説

しんぎ【新儀】

中国の古典を通じて平安時代の貴族社会や寺社にひろまったとみられ,〈旧儀〉〈先例〉に対して,新しい儀法,規式事柄などをさす語として中世近世にさかんにもちいられた。従来はみられなかった様相,事態,方法などをも幅ひろく包摂する語であり,中世においては,ほんらい領主からその権益(特権)を認められていた商人組織に対抗しつつ新たに台頭し活動しはじめた商人を〈新儀商人〉と呼んだりした。また,〈新儀を凝(こ)らす〉とか〈新儀を(たく)み出(い)だす〉とかいえば,創意工夫をかさねて〈新しいものを生み出す〉という意味で良いこととみられ,たとえば建武新政にさいして後醍醐天皇が〈が新儀は未来の先例たるべし〉(《梅松論(ばいしようろん)》)と宣言したのもその一例といえよう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「新儀」の解説

しん‐ぎ【新儀】

〘名〙
① 新しいよそおい。新しい容儀。
※和漢朗詠(1018頃)下「龍新儀を迎ふ。陶安公が駕(のりもの)(まなこ)に在り〈都良香〉」
② 新しい儀法。新しいきまり。
※中右記‐天永三年(1112)一〇月一日「院御賀事、所企也。仍今日可相定。或依先例、或尋旧記、且申上皇、且凝新儀、所沙汰也」
※評判記・色道大鏡(1678)二「とかくよく世とをしうつりて、新義(シンギ)にしたがふをよしとす」 〔王安石梁書‐鮑泉伝〕
③ 新しい事柄。非難すべき対象に用いることが多い。
※早稲田大学荻野研究室所蔵文書‐文治二年(1186)四月二五日・後鳥羽天皇宣旨「弟子僧浄学房恣振威勢、忽巧新儀、令領野上庄内佐佐小河村
※信長記(1622)一五上「人の運末になりゆく時は、かならず貪慾(とんよく)出来、新儀(シンキ)の案を搆へ、万民をなやまし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android