コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増毛山地 ましけさんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

増毛山地
ましけさんち

別称樺戸 (かばと) 山地。北海道中西部にある山地。最高峰は暑寒別岳 (1491m) 。大部分が安山岩から成り,雄冬山 (1198m) ,群別岳 (1376m) などが連なる。日本海に突出している西側の海岸は約 100m前後の海食崖を形成,暑寒別岳東麓には雨竜沼湿原がある。暑寒別岳周辺は,天売・焼尻両島とともに,暑寒別天売焼尻国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ましけ‐さんち【増毛山地】

北海道中西部にある山地。西は日本海に臨み、100メートル前後の海食崖(がい)が続く。標高1492メートルの暑寒別岳があり、その東側中腹には雨竜沼湿原がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ましけさんち【増毛山地】

北海道西部,石狩平野の北部にある山地。樺戸(かばと)山地とも呼ぶ。留萌(るもい)川,雨竜川石狩川と日本海に囲まれ,標高100m前後の海食崖が続く日本海側には雄冬(おふゆ)岬があり,海岸段丘もわずかに見られる。山地には暑寒別(しよかんべつ)岳(1491m)を最高峰に,雄冬山(1198m),浜益岳(1258m)などの標高1000~1400mの連峰があって,暑寒別火山群を形成している。これら火山群の東側には900~1000mの溶岩台地がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕増毛山地(ましけさんち)


北海道西部、日本海沿岸に噴出した暑寒別(しょかんべつ)火山群からなる山地。樺戸(かばと)山地とも。暑寒別岳・群別(ぐんべつ)岳など1000~1400m級の山岳が連なる。沿岸には海食崖(かいしょくがい)が発達。火山地形と雄冬(おふゆ)岬・雨竜沼(うりゅうぬま)湿原などの自然景観に恵まれ、暑寒別天売焼尻(てうりやぎしり)国定公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

増毛山地
ましけさんち

北海道西部の山地。別名樺戸(かばと)山地。東と南は石狩平野に接し、西は日本海に臨み、北は留萌(るもい)川河谷によって天塩(てしお)山地と境される。東半部は大部分新第三紀の丘陵性山地で、北西部にはこれらを基盤として暑寒別(しょかんべつ)岳(1491メートル)、南暑寒岳、群別(ぐんべつ)岳、浜益(はまます)岳、雄冬(おふゆ)山など1000メートルを超える開析火山があり、暑寒別火山群を形成している。火山群はいずれも活動停止後長い期間を経て、山体は原形をとどめぬほど侵食されている。南暑寒岳の東の溶岩台地には雨竜沼(うりゅうぬま)湿原があり、日本海岸は高さ100メートル内外の海食崖(がい)が続き、雄冬岬などがある。火山群と雨竜沼、雄冬海岸などを含む地域は、暑寒別天売焼尻(てうりやぎしり)国定公園に指定されている。[岡本次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

増毛山地の関連キーワード北海道増毛郡増毛町新十津川(町)留萌(支庁)留萌[支庁]空知[支庁]空知(支庁)浜益[村]厚田[村]増毛(町)増毛[町]雨竜(町)石狩[市]新十津川町火山地形増毛富士樺戸山地北竜町当別町増毛町石狩市

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android