コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田口掬汀 たぐち きくてい

美術人名辞典の解説

田口掬汀

作家・美術批評家。高井有一の祖父。本名鏡次郎。秋田生。新声社に入り編集の傍ら創作をはじめる。のち万朝報社に入社、『万朝報』に「女夫波」を連載し、翌年「伯爵夫人」を発表。川上音二郎の大阪帝国座座付作者となる。大正五年からは美術批評に転じ、中央美術展覧会を創設した。昭和18年(1943)歿。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

田口掬汀【たぐちきくてい】

小説家,劇作家,美術評論家。本名鏡次郎。秋田県生れ。小学校卒業後,商家の使用人をはじめ種々の職を経たのち,投書が認められ25歳で上京,佐藤義亮が発刊した投書雑誌《新声》の編集に従事。
→関連項目高井有一

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田口掬汀 たぐち-きくてい

1875-1943 明治-昭和時代前期の小説家,美術評論家。
明治8年1月18日生まれ。高井有一の祖父。「新声」の記者をへて,明治36年万朝報(よろずちょうほう)に入社,「女夫波(めおとなみ)」「伯爵夫人」などの家庭小説を連載して人気作家となる。脚本も手がけたが,のち美術評論に転じ,中央美術展覧会を創設した。昭和18年8月9日死去。69歳。秋田県出身。本名は鏡次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田口掬汀
たぐちきくてい
(1875―1943)

小説家、劇作家。本名鏡次郎。秋田県生まれ。丁稚(でっち)奉公、郡役所の雇などを経て新声社に入社し『新声』記者となり、そのかたわら小説を執筆した。1903年(明治36)『萬朝報(よろずちょうほう)』に転じ、『女夫波(めおとなみ)』(1904)、『伯爵夫人』(1905)などの家庭小説を連載して人気作家となった。一方、彼は脚本にも筆を染め、『トスカ』の翻案劇『熱血』(1907)などの作品を書いた。07年萬朝報退社後、大阪帝国座の座付作者、『大阪毎日新聞』の記者を勤めたが、15年(大正4)小説『ふたおもて』発表後は創作の筆を絶ち、美術批評に専念した。[畑 実]
『『明治文学全集93 明治家庭小説集』(1969・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の田口掬汀の言及

【家庭小説】より

…必ずしもハッピー・エンドを心がけてはいないが,ときに明るい解決を目ざしたものもあり,〈光明小説〉と呼ばれた(中村春雨の《無花果(いちじく)》(1901)など)。その展開は,尾崎紅葉の《金色夜叉(こんじきやしや)》(1897‐1902),徳冨蘆花の《不如帰(ほととぎす)》(1898‐99)あたりを先駆とし,菊池幽芳の《己が罪》(1899‐1900),《乳姉妹》(1903)などをピークに,草村北星の《浜子》(1902),《相思怨》(1904),田口掬汀(きくてい)の《女夫波(めおとなみ)》(1904),《伯爵夫人》(1905),大倉桃郎(とうろう)の《琵琶歌》(1905)などが続出し,その脚色による新派劇の興隆と相まって,大正の柳川春葉《生(な)さぬ仲》(1912)などに及んでいる。【岡 保生】。…

【明治・大正時代美術】より

…しかしそれにもかかわらず,依然として保守的なマンネリズムを続けていたため,それが特に目立つ日本画部に革新の声があがった。1916年,東京の鏑木清方,吉川霊華(きつかわれいか)(1875‐1925),結城素明,平福百穂,松岡映丘と,美術雑誌《中央美術》(1915‐36)の主宰者田口掬汀(1875‐1943)が金鈴社を結成して改革を求めた。これに続いて18年には,京都市立絵画専門学校での竹内栖鳳門下から,土田麦遷,村上華岳,榊原紫峰,小野竹喬,野長瀬晩花(のながせばんか)(1889‐1964)の5名が,栖鳳と中井宗太郎を顧問に国画創作協会を結成して独立し,後期印象派への関心のうちに,清新な作品を生み出すことになる。…

※「田口掬汀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

田口掬汀の関連キーワード鏑木清方(かぶらききよかた)西村 渚山田口省吾金鈴社新潮

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田口掬汀の関連情報