コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤義亮 サトウギリョウ

デジタル大辞泉の解説

さとう‐ぎりょう〔‐ギリヤウ〕【佐藤義亮】

[1878~1951]出版人。秋田の生まれ。明治29年(1896)新声社を設立、雑誌「新声」を刊行するも破綻(はたん)。明治37年(1904)に新潮社を創立し、文芸雑誌新潮」を創刊。文芸出版社としての地位を築き上げた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

佐藤義亮【さとうぎりょう】

図書出版新潮社の創立者。秋田県角館出身。文学を志し18歳で上京。1896年新声社を創立し投稿雑誌《新声》を創刊したが,1903年経営不振のため譲渡。1904年新たに新潮社を創立,文芸雑誌《新潮》を創刊。
→関連項目田口掬汀

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤義亮 さとう-ぎりょう

1878-1951 明治-昭和時代の出版人。
明治11年2月18日生まれ。28年上京して秀英舎(現大日本印刷)に勤務。翌年,新声社を設立し「新声」を創刊するが失敗。37年新潮社を創業し,文芸雑誌「新潮」を発刊。新潮文庫,「世界文学全集」などで文芸出版社としての地位を確立した。昭和26年8月18日死去。73歳。秋田県出身。初名は儀助。筆名は橘香,浩堂など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さとうぎりょう【佐藤義亮】

1878~1951) 出版業者。秋田県生まれ。東洋大卒。1904年(明治37)新潮社を創立し、雑誌「新潮」を発刊。自然主義文学運動と結んで多くの文学作品や雑誌を出版した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の佐藤義亮の言及

【新潮】より

…1904年(明治37)5月創刊。1896年《新声》を発刊して明治30年代の文学に重要な役割を果たしながら,新声社の経営に失敗して挫折した佐藤義亮(ぎりよう)が,義弟中根駒十郎らの力をかりて新潮社をおこし,日露戦争下に新たに創刊したもの。初めは投書雑誌的傾向をもっていたが,佐藤紅緑や高須梅渓,田口掬汀(きくてい)ら《新声》以来の執筆者をはじめ,小栗風葉,真山青果,徳田秋声,上田敏,生田長江らが活躍した。…

【新潮社[株]】より

…佐藤義亮(ぎりよう)が1904年に設立した文芸出版社。本社,東京都新宿区矢来町。…

※「佐藤義亮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

佐藤義亮の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎市川崑木下恵介久松静児マキノ雅広稲垣浩大庭秀雄ANZUS条約社会福祉法

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone