コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新字 シンジ

大辞林 第三版の解説

しんじ【新字】

新しく作られた文字。
天武天皇が境部石積さかいべのいわしきなどに命じて作らせたという辞書。伝存せず、内容も不明。

にいな【新字】

682年、境部連石積さかいべのむらじいわつみらが天武天皇の命により作ったという書物。四四巻から成り、辞書の類と考えられるが、詳細は不明。しんじ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

新字の関連キーワード現代かなづかいCIDフォントパスパ文字大漢和辞典国語審議会坂合部石積漢字廃止論塩谷 温則天武后国語問題仮名遣い天武天皇新字体大島櫟万葉集八思巴旧字体パスパ字体漢字

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新字の関連情報