新心理主義(読み)シンシンリシュギ

大辞林 第三版の解説

しんしんりしゅぎ【新心理主義】

現代文学の一傾向。フロイトの精神分析学やベルクソンの哲学を背景に、「意識の流れ」や「内的独白」の手法によって意識・無意識の実体を描き、人間存在の根源を探ろうとするもの。ジョイス・ウルフ・プルーストらがその例。日本では昭和初頭、伊藤整が提唱し、横光利一「機械」、堀辰雄「風立ちぬ」、川端康成「水晶幻想」などで結実した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新心理主義
しんしんりしゅぎ

文芸用語。1930年(昭和5)ごろから32年ごろにかけて、フロイトの精神分析学やジョイス、プルーストらの20世紀文学の方法の影響を受けたわが国の文学者たちの間で「無意識」に対する関心が高まったとき、それを文学の題材、対象、文体などに積極的に取り入れて新しい文学を生み出そうとしておこった一傾向。理論としては伊藤整『新心理主義文学』(1932)、作品としては伊藤整『感情細胞の断面』(1930)、横光利一『機械』(1930)、川端康成(やすなり)『水晶幻想』(1931)などがあげられる。現代文学史上は、プロレタリア文学に対抗し、新感覚派を批判的に継承したモダニズム正統派の地位を与えられているが、概念規定、評価ともにまだあいまいである。[曾根博義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐しんりしゅぎ【新心理主義】

〘名〙 二〇世紀初頭、イギリスを中心に起こった文芸思潮。フロイトの精神分析学を導入して潜在意識を重んじ、内面心理の分析に新境地を開拓したもの。ジェームズ=ジョイス、D=H=ローレンスウルフ、プルーストなどがその先駆者。日本では昭和初期、伊藤整、堀辰雄らにより移入され、横光利一、川端康成らに影響を与えた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android