新奇(読み)しんき

精選版 日本国語大辞典「新奇」の解説

しん‐き【新奇】

〘名〙 (形動) 目新しく珍しいこと。また、そのさま。
※田氏家集(892頃)上・謝野友人恵漆作書袋履等「袋様新奇眼頓驚、履心安穏足初軽」
※読史余論(1712)三「今に至る迄好事の人物、ことに古式をいとひ、我巧智を用いて新奇を競ひぬ」 〔宋史‐張伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「新奇」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android