コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新た アラタ

デジタル大辞泉の解説

あらた【新た】

[形動][文][ナリ]
新しいさま。今までなかったさま。「新たな局面を迎える」「新たな感動を呼ぶ」「新たな力がわく」
「冬過ぎて春の来(きた)れば年月(としつき)は―なれども人は古(ふ)り行く」〈・一八八四〉
(「あらたに」の形で)改めて行うさま。「認識を新たにする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あらた【新た】

( 形動 ) [文] ナリ 
新しいさま。今までにないさま。 「 -な問題が発生する」 「 -な局面」
いきいきとして、古びないさま。 「思い出も-な海外旅行」 「 -な感動をよぶ」
改めて行うさま。今までの状態を改めて、新しくするさま。 「 -なる門出かどで」 「認識を-にする」 「装いも-に開店する」
神仏の霊験が著しいさま。あらたか。いやちこ。 「神恩-なるを感じて涙を流して/十訓 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

新たの関連キーワードリリース[release]リメイク[remake]フレッシュ・スタート法リスティングの法則フォントエディターリアシュアランス足を踏み入れる新規学卒就農者農業改良資金新ラオコーンデノボ合成手を延ばす中央火口丘デノボ経路インカマー清算所得重信回線神経新生汚名返上新興階級

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新たの関連情報