新た(読み)アラタ

デジタル大辞泉の解説

あらた【新た】

[形動][文][ナリ]
新しいさま。今までなかったさま。「新たな局面を迎える」「新たな感動を呼ぶ」「新たな力がわく」
「冬過ぎて春の来(きた)れば年月(としつき)は―なれども人は古(ふ)り行く」〈・一八八四〉
(「あらたに」の形で)改めて行うさま。「認識を新たにする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あらた【新た】

( 形動 ) [文] ナリ 
新しいさま。今までにないさま。 「 -な問題が発生する」 「 -な局面」
いきいきとして、古びないさま。 「思い出も-な海外旅行」 「 -な感動をよぶ」
改めて行うさま。今までの状態を改めて、新しくするさま。 「 -なる門出かどで」 「認識を-にする」 「装いも-に開店する」
神仏の霊験が著しいさま。あらたか。いやちこ。 「神恩-なるを感じて涙を流して/十訓 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新たの関連情報