コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新篠津[村] しんしのつ

1件 の用語解説(新篠津[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんしのつ【新篠津[村]】

北海道中央部,石狩支庁石狩郡の村。人口3994(1995)。村の大部分は南流する石狩川西岸の原野にあって,低湿地泥炭地が多く,常にはんらんや冠水を繰り返してきたため,永らく粗放的な草地や放牧地として利用されてきた。1955年から世界銀行の融資をうけ,この原野の排水,客土,道路建設の事業が進められた結果,現在では村域の2/3近い約50km2が水田という農村に生まれ変わった。土地割りアメリカ合衆国タウンシップ制に基づいて,500m四方の方形の土地が規則正しく配列されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新篠津[村]の関連キーワード石狩支庁石狩川石狩山地石狩平野石狩湾雨竜川上川赤平石狩芦別

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone