コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新篠津[村] しんしのつ

1件 の用語解説(新篠津[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんしのつ【新篠津[村]】

北海道中央部,石狩支庁石狩郡の村。人口3994(1995)。村の大部分は南流する石狩川西岸の原野にあって,低湿地泥炭地が多く,常にはんらんや冠水を繰り返してきたため,永らく粗放的な草地や放牧地として利用されてきた。1955年から世界銀行の融資をうけ,この原野の排水,客土,道路建設の事業が進められた結果,現在では村域の2/3近い約50km2が水田という農村に生まれ変わった。土地割りアメリカ合衆国タウンシップ制に基づいて,500m四方の方形の土地が規則正しく配列されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone