金春秋(読み)きんしゅんじゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金春秋 こん-しゅんじゅう

603-661 新羅(しらぎ)(朝鮮)の第29代国王。在位654-661。
真平王25年生まれ。真徳女王につかえ,大化(たいか)3年(647)遣新羅使の高向玄理(たかむこの-くろまろ)とともに来日。翌年唐(とう)(中国)におもむいて同盟をむすぶ。太宗武烈王として即位後の660年唐の協力をえて百済(くだら)をほろぼし,朝鮮半島統一の基礎をかためた。武烈王8年6月死去。59歳。

金春秋 きん-しゅんじゅう

こん-しゅんじゅう

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金春秋
きんしゅんじゅう
(603―661)

新羅(しらぎ)第29代の王(『三国史記』)。654~661年在位。第25代真智王(しんちおう)の孫、伊(いさん)龍春の子。母は第26代真平王(しんぺいおう)の娘、天明夫人。妃は金(きんゆしん)の妹、文明夫人。統一新羅王朝を樹立した第30代の文武王(ぶんぶおう)はその子にあたる。百済(くだら)との戦闘に疲弊した新羅は、隣国の援兵を求め、642年には高句麗(こうくり)に、647年には日本に春秋を派遣したが、目的を達成できなかった。しかし、648年、唐に派遣された春秋は、巧みな外交を展開し、ついに660年、唐軍の助力を得て、宿敵百済を滅ぼした。死後、その功績を称えて、武烈(ぶれつ)の諡号(しごう)と太宗(たいそう)の廟号(びょうごう)を贈られ、太宗武烈王(ぶれつおう)と称された。王陵は慶州西岳洞にあり、碑身は亡失したが、上下の(ちしゅ)と亀趺(きふ)が残存し、首の中央には「太宗武烈大王之碑」と記す碑額がある。[坂元義種]
『金富軾撰・井上秀雄他訳注『三国史記』全4巻(東洋文庫・平凡社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android