コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本の橋 にほんのはし

世界大百科事典 第2版の解説

にほんのはし【日本の橋】

保田与重郎評論。1936年(昭和11)10月《文学界》に発表。ほかに評論5編を収めて同年11月,芝書店から刊行し,第1回池谷信三郎賞を受賞。人工さえほのかにし,つとめて自然の相たらしめようとした日本の橋と,はるかに雄大な人工のみに成立する精神の所産であるローマ人の橋を対比することで,日本の伝統文化のあえかな美しさを抽出しようとした保田の代表作。日本では人工さえその極致においては自然を救うために構想せられた,と保田はいい,それが時代を経るにつれて,人工と自然をもっぱら調和し,淡い透明の中間に心理の文学を描いた,としている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉の解説

にほんのはし【日本の橋】

保田与重郎による文化評論集。昭和11年(1936)刊行。第1回池谷信三郎賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本の橋
にほんのはし

保田与重郎(やすだよじゅうろう)の評論集。1936年(昭和11)11月芝書店刊。書名の『日本の橋』は同年10月『文学界』に発表され、西洋の橋と日本の橋の意味と役割を比較し、「日本の美がどういふ形で橋にあらはれ、又橋によつて考へられ、次にはあらはされたか」を若い人に訴えた論文。ほかに5編を所収。39年9月東京堂刊の改版では大きな削除と加筆がされた。著者の出世作であり、第1回池谷(いけたに)信三郎賞を受賞した。[都築久義]
『『保田与重郎選集2』(1971・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日本の橋の関連キーワード保田 与重郎杉山 茂丸橋(はし)三奇橋

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本の橋の関連情報