コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本の橋 にほんのはし

2件 の用語解説(日本の橋の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にほんのはし【日本の橋】

保田与重郎の評論。1936年(昭和11)10月《文学界》に発表。ほかに評論5編を収めて同年11月,芝書店から刊行し,第1回池谷信三郎賞を受賞。人工さえほのかにし,つとめて自然の相たらしめようとした日本の橋と,はるかに雄大な人工のみに成立する精神の所産であるローマ人の橋を対比することで,日本の伝統文化のあえかな美しさを抽出しようとした保田の代表作。日本では人工さえその極致においては自然を救うために構想せられた,と保田はいい,それが時代を経るにつれて,人工と自然をもっぱら調和し,淡い透明の中間に心理の文学を描いた,としている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本の橋
にほんのはし

保田与重郎(やすだよじゅうろう)の評論集。1936年(昭和11)11月芝書店刊。書名の『日本の橋』は同年10月『文学界』に発表され、西洋の橋と日本の橋の意味と役割を比較し、「日本の美がどういふ形で橋にあらはれ、又橋によつて考へられ、次にはあらはされたか」を若い人に訴えた論文。ほかに5編を所収。39年9月東京堂刊の改版では大きな削除と加筆がされた。著者の出世作であり、第1回池谷(いけたに)信三郎賞を受賞した。[都築久義]
『『保田与重郎選集2』(1971・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の橋の関連キーワード亀井勝一郎保田与重郎日本浪曼派三太郎の日記伊藤佐喜雄桶谷秀昭小高根二郎田中克己鶴岡善久虫明亜呂無

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本の橋の関連情報