コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本エアシステム にほんエアシステム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本エアシステム
にほんエアシステム

20世紀後半に国内線を運航,その後日本航空グループの傘下に入った航空会社。1964年日本国内航空として設立され,1971年東亜航空と合併,東亜国内航空となった。1988年日本エアシステムに改称。国内幹線および地域路線の事業を展開してきたが,1988年国際線の運航も開始した。2002年10月日本航空との間で持株会社日本航空システムを設立,その傘下で日本エアシステム,日本航空ともに事業会社となった。両社は 2004年4月に完全統合,日本エアシステムは名称を日本航空ジャパンへ変更,統合後の日本航空グループ内で国内線を運航している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本エアシステム
にほんえあしすてむ

日本の航空会社。2004年(平成16)日本航空と統合し、日本航空との事業会社日本航空ジャパンとなり、06年には、同じ日本航空グループの国際線部門と合併し、日本航空インターナショナルとなる。統合前、日本エアシステムは国内に独自の路線をもち、わが国第3位の実績をもっていた。英語名はJAPAN AIR SYSTEM、略称JAS(ジャス)。1964年(昭和39)に日東航空、富士航空(ともに1952設立)、北日本航空(1953設立)が合併して設立された日本国内航空と、1953年設立の東亜航空が、政府の新航空政策に沿って71年に合併し、東亜国内航空となった。合併後、ジェット化を推進してローカル線の大量高速輸送時代を開いたが、1975年には、東京―札幌、東京―福岡において初の幹線に就航するとともに、78年から、東京と函館(はこだて)、熊本、鹿児島との間に路線を開設して全日本空輸とのダブルトラック運航を実現した。1983年、東京―大阪線を開設する一方、鹿児島県14市町村との共同出資によって第三セクター方式による日本エアコミューター(奄美(あまみ)関係路線、略称JAC)を設立、本格的なエアコミューター時代を開いた。
 1988年4月、社名を日本エアシステムに変更。1991年(平成3)には関西国際空港の供与が開始されたことにより、大阪地区からの国内線路線網を拡充した。国際線では、1986年9月、初の国際チャーター便を大阪―ソウル間で実施、定期便としては88年に東京―ソウル間を開設した。グループ内の関連企業として北海道エアシステム(HAC、1997設立)、ハーレクィンエア(1997設立、2005事業終了)などがある。2002年10月、日本航空と持株会社「日本航空システム」(資本金1000億円)を設立し、その傘下に入る。2004年4月、日本航空と完全統合。同年6月、日本航空システムは日本航空と名称を変更。2002年10月時点で国内線約75路線(時期により変動)、国際線5路線を就航。2001年度の輸送実績は国際線69万人、国内線2109万人。資本金約235億円、従業員数5397(2003年1月)であった。[中村清司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日本エアシステムの関連キーワードJAS(日本エアシステム)日本航空の経営統合日本国内航空[株]東亜国内航空[株]日本航空の経営問題山形空港の東京便日本航空(株)四五四七体制航空事故田中香苗弥生

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本エアシステムの関連情報