コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本ビクター[株] にっぽんビクター

百科事典マイペディアの解説

日本ビクター[株]【にっぽんビクター】

大手AV機器・ソフトメーカー。1927年米国ビクタートーキングマシン社の日本法人として設立。1939年国産初のテレビ受像機を完成。1954年EPレコードの国産第1号発売。音響専業メーカーとして成長するが,戦後復興過程で経営危機に直面し,1953年松下電器産業による資本参加を受ける。1954年にカラーテレビを開発し映像部門に進出。1976年には,VHS方式VTRを開発・発売し,その後もAV分野のハード・ソフト両面ともに力を注いでいる。特に,サザンオールスターズ等を擁する子会社を抱え,音楽ソフトに強み。海外では〈JVC〉ブランドとして知名度が高い。現在は,ディスプレーと光ディスク事業を強化。2008年にはケンウッドと共同持株会社JVC・ケンウッド・ホールディングス(2011年にJVCケンウッドに社名変更)を設立。2011年JVCケンウッドに吸収合併された。
→関連項目高柳健次郎

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の日本ビクター[株]の言及

【音響機器工業】より

…こうした背景のもとでステレオが商品化され,その後の高度成長の波に乗って音響機器の生産が台数,金額ともに著しく増加しはじめたのである。60年代半ばまでは日本コロムビア,日本ビクターといった伝統を誇るメーカーや松下電器産業,東京芝浦電気(現,東芝)などの総合家電メーカーが業界をリードしていた。つづく60年代後半から70年代前半には,回路技術で先発大企業に差をつけたトリオ(現,ケンウッド),山水電気,パイオニア,あるいは赤井電機やティアック(この2社はおもにテープデッキ)といったオーディオ(音響)機器専業メーカーが先発の大企業を抑えてそのシェアを拡大した。…

※「日本ビクター[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

日本ビクター[株]の関連キーワード松下電器産業[株]

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android