コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本ビクター にっぽんビクターVictor Company of Japan, Limited; JVC

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本ビクター
にっぽんビクター
Victor Company of Japan, Limited; JVC

音響・映像機器を主力とする電機メーカー。1927年アメリカ合衆国のビクター・トーキング・マシン(1929年 RCAビクターに改組)の全額出資で日本ビクター蓄音器として設立。1931年より国産ポータブル蓄音器,電気蓄音器などの生産を開始。1938年 RCAビクターは資本を撤収,1943年日本音響と改称,1945年現社名に変更。1954年松下電器産業の傘下に入る。1958年日本初のステレオレコードを開発。その後はカラーテレビなどの新製品を次々と開発し,1960年代以降は輸出も本格化した。1976年家庭用 VHSビデオデッキを発売し,この分野で業界大手に成長。子会社を通じて映像・音楽ソフトウェアも手がける。2007年松下電器産業の傘下を離れてケンウッドと業務提携したのち,2008年に経営統合を実施。共同持株会社 JVC・ケンウッド・ホールディングスを設立して子会社となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本ビクター

1927年、米社の日本法人「日本ビクター蓄音器」(レコード・蓄音機会社)として横浜で創業。戦後、経営難に陥り、松下が54年に子会社化して再建し、業績は音響機器を中心に回復した。76年にはVHSビデオを発売し、ソニーのベータとの規格争いに勝って松下の業績にも貢献。だが最近はビデオ市場の成熟化や音響機器の不振、デジタル化対応の遅れから低迷していた。蓄音機から流れる、亡くなった主人の声に聴き入る犬のロゴマークで知られる。

(2007-05-31 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

日本ビクター

正式社名「日本ビクター株式会社」。英文社名「Victor Company of Japan, Limited」。電気機器製造業。昭和2年(1927)「日本ビクター蓄音器株式会社」設立。同18年(1943)「日本音響株式会社」に改称。同20年(1945)「日本ビクター株式会社」に社名変更。本社は横浜市神奈川区守屋町。映像・音響機器メーカー。電子部品や音楽・映像ソフトも手がける。東京証券取引所第1部・大阪証券取引所第1部旧上場。平成20年(2008)ケンウッドと経営統合し、共同持株会社「JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社」(現JVCケンウッド)を設立。同社による完全子会社化にともない上場廃止。同23年(2011)親会社に吸収合併。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

日本ビクターの関連キーワードスーパーハイマテリアルCDDVDコンソーシアムDVDマルチドライブFANTASISTA松下電器産業[株]HDDビデオカメラVideo CD野村 吉三郎フランク永井高柳 健次郎児玉 好雄ビデオCD浜村美智子高野 鎮雄佐藤千夜子北野 善朗平岡 照章野村吉三郎D吉川静夫

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本ビクターの関連情報