コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本ビクター(読み)にっぽんビクター(英語表記)Victor Company of Japan, Limited; JVC

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本ビクター
にっぽんビクター
Victor Company of Japan, Limited; JVC

音響・映像機器を主力とする電機メーカー。1927年アメリカ合衆国のビクター・トーキング・マシン(1929年 RCAビクターに改組)の全額出資で日本ビクター蓄音器として設立。1931年より国産ポータブル蓄音器,電気蓄音器などの生産を開始。1938年 RCAビクターは資本を撤収,1943年日本音響と改称,1945年現社名に変更。1954年松下電器産業の傘下に入る。1958年日本初のステレオレコードを開発。その後はカラーテレビなどの新製品を次々と開発し,1960年代以降は輸出も本格化した。1976年家庭用 VHSビデオデッキを発売し,この分野で業界大手に成長。子会社を通じて映像・音楽ソフトウェアも手がける。2007年松下電器産業の傘下を離れてケンウッドと業務提携したのち,2008年に経営統合を実施。共同持株会社 JVC・ケンウッド・ホールディングスを設立して子会社となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本ビクター

1927年、米社の日本法人「日本ビクター蓄音器」(レコード・蓄音機会社)として横浜で創業。戦後、経営難に陥り、松下が54年に子会社化して再建し、業績は音響機器を中心に回復した。76年にはVHSビデオを発売し、ソニーのベータとの規格争いに勝って松下の業績にも貢献。だが最近はビデオ市場の成熟化や音響機器の不振、デジタル化対応の遅れから低迷していた。蓄音機から流れる、亡くなった主人の声に聴き入る犬のロゴマークで知られる。

(2007-05-31 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

日本ビクター

正式社名「日本ビクター株式会社」。英文社名「Victor Company of Japan, Limited」。電気機器製造業。昭和2年(1927)「日本ビクター蓄音器株式会社」設立。同18年(1943)「日本音響株式会社」に改称。同20年(1945)「日本ビクター株式会社」に社名変更。本社は横浜市神奈川区守屋町。映像・音響機器メーカー。電子部品や音楽・映像ソフトも手がける。東京証券取引所第1部・大阪証券取引所第1部旧上場。平成20年(2008)ケンウッドと経営統合し、共同持株会社「JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社」(現JVCケンウッド)を設立。同社による完全子会社化にともない上場廃止。同23年(2011)親会社に吸収合併。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本ビクターの関連情報