コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本振袖始 にほんふりそではじめ

世界大百科事典 第2版の解説

にほんふりそではじめ【日本振袖始】

人形浄瑠璃。時代物。5段。近松門左衛門作。1718年(享保3)2月,大坂竹本座初演。神代に取材したもので,《日本王代記》などの系統に属す。素戔嗚(すさのお)尊の神話伝説を中心に,巨旦(こたん)蘇民の兄弟の争いを扱っている。素戔嗚尊は奪われた十握(とつか)の宝剣を探し求めて,美濃国の悪鬼や三熊野の大人(うし)を退治し,出雲の簸(ひ)の川まで出かける。途中で,吉備国の巨旦将来蘇民将来の兄弟争いの裁きをつけ,八岐大蛇人身御供になる奇稲田姫(くしなだひめ)の危難を救い,ついに十握の宝剣を取り戻す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本振袖始の関連情報