コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本振袖始 にほんふりそではじめ

世界大百科事典 第2版の解説

にほんふりそではじめ【日本振袖始】

人形浄瑠璃。時代物。5段。近松門左衛門作。1718年(享保3)2月,大坂竹本座初演。神代に取材したもので,《日本王代記》などの系統に属す。素戔嗚(すさのお)尊の神話伝説を中心に,巨旦(こたん)蘇民の兄弟の争いを扱っている。素戔嗚尊は奪われた十握(とつか)の宝剣を探し求めて,美濃国の悪鬼や三熊野の大人(うし)を退治し,出雲の簸(ひ)の川まで出かける。途中で,吉備国の巨旦将来・蘇民将来の兄弟争いの裁きをつけ,八岐大蛇の人身御供になる奇稲田姫(くしなだひめ)の危難を救い,ついに十握の宝剣を取り戻す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本振袖始の関連キーワード継ぎ足・継足拗ね拗ねし然知ったりちんぶらり矛襖・鋒襖べらつく愚に返る雁木鑢霞の海不吉者世直し会釈和郎拉ぎそび雷声火輪一霞

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本振袖始の関連情報