日牟礼八幡宮

デジタル大辞泉プラスの解説

滋賀県近江八幡市にある神社八幡山南麓に位置する。“日牟礼”は「ひむれ」と読み、古くは「比牟礼社」などとも呼ばれた。平安時代の創祀とされ、祭神誉田別尊(ほんたわけのみこと)、息長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)、比売神(ひめがみ)。早春左義長まつり(国選択無形民俗文化財)が知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android