コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞ヶ峠 ほらがとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洞ヶ峠
ほらがとうげ

南峠ともいう。京都府南部,八幡市大阪府枚方市の境にある峠。標高約 70m。元来は東高野街道の峠であったが,現在は北側を国道1号線が越える。天正 10 (1582) 年山崎の戦いの際,大和郡山城主筒井順慶がこの峠に布陣し,豊臣方と明智方の合戦のなりゆきを観望形勢有利と判断した豊臣方に加わったという俗説で知られ,以後峠の名は「日和見」の代名詞のように用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほら‐が‐とうげ〔‐たうげ〕【洞ヶ峠】

京都府八幡市と大阪府枚方(ひらかた)市との境にある峠。標高約70メートル。天正10年(1582)の山崎の戦いで、明智光秀が軍を進め、筒井順慶(つついじゅんけい)に加勢を求めたところ。順慶は兵を動かさなかったが、のちに、ここで戦いを観望し、有利なほうに味方しようとしたと誤って伝えられた。
の筒井順慶の故事から》有利なほうにつこうと形勢をうかがうこと。日和見(ひよりみ)。「洞ヶ峠をきめ込む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

洞ヶ峠【ほらがとうげ】

大阪府枚方(ひらかた)市北東端,京都府境にある峠。標高70m。国道1号枚方バイパスが通じる。南北朝期から戦略上の要所としてみえ,1582年の山崎の戦では,ここに陣をしいた筒井順慶は明智光秀に去就を問われたが,光秀方につかなかった。このことから,形勢を観望し有利な側に味方することを〈洞ヶ峠をきめこむ〉というようになった。
→関連項目筒井順慶

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほらがとうげ【洞ヶ峠】

京都府八幡(やわた)市と大阪府枚方(ひらかた)市との境にある峠。生駒山地北部から北へ突き出た標高50~60mの洪積丘陵が京都盆地(山城国)と大阪平野(河内国)とを区切っており,東高野街道が通じ,古くからの交通の要所であった。枚方市峠集落北西を通る現在の国道1号線は,洞ヶ峠を切り込んでいる。《太平記》にもみえる1352年(正平7∥文和1)の八幡合戦をはじめ,たびたび合戦の場となったり,陣地が置かれたりした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほらがとうげ【洞ヶ峠】

◇ 京都府八幡市と大阪府枚方ひらかた市の境にある峠。海抜63メートルにすぎないが、淀川・天王山が眺望できる。山崎の合戦で筒井順慶が明智勢に味方するかどうか戦況をながめていたという言い伝えで知られる。
の筒井順慶の故事から〕 有利な方へつこうと形勢をみること。二股膏薬。日和見。 「 -をきめこむ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕洞ヶ峠(ほらがとうげ)


京都府八幡(やわた)市と大阪府枚方(ひらかた)市との境を越える峠。標高約60m。かつては京都と高野山(こうやさん)を結ぶ参詣路が通じた。現在は国道1号が通じ、一帯は市街化が進む。1582年(天正(てんしょう)10)、山崎(やまざき)の戦いで筒井順慶(つついじゅんけい)がこの峠から戦況を遠望して去就を決めたという伝承があり、それが転じて日和見(ひよりみ)主義の故事として使われる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洞ヶ峠
ほらがとうげ

京都府八幡(やわた)市と大阪府枚方(ひらかた)市との境界にある峠。生駒(いこま)山地から北に延びる洪積層台地にあり、標高70メートル。東高野(ひがしこうや)街道の峠で、淀(よど)川を隔てて天王山が望まれる。古くから戦略上の要地で、1582年(天正10)山崎合戦の際、筒井順慶(つついじゅんけい)が戦況の趨勢(すうせい)をみて去就を決したことから、日和見(ひよりみ)的態度をいう「洞ヶ峠」のことばが生じた。[織田武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の洞ヶ峠の言及

【筒井順慶】より

…82年の山崎の戦に際しては,動揺しつつも結局豊臣秀吉にくみする。このとき洞ヶ峠にて彼が形勢をうかがったというのは後世の潤色。以後秀吉に仕えて大和の支配権を安堵された。…

【大和国】より

…明智光秀と羽柴(豊臣)秀吉の山崎合戦に順慶は光秀の招きには答えず,郡山城で戦局を観望,勝利した秀吉のもとに参じて保身した。出世の恩人の光秀を憤死させた打算的行動が,後日痛罵されて〈洞ヶ峠(ほらがとうげ)の順慶〉と評されるが洞ヶ峠に出陣したというのは虚飾である。 秀吉は近畿随一の大名の順慶を利用するため大和をしばらく順慶に与えたが,85年,政権安定化工作の一環として弟の秀長を郡山城主として大和,和泉,紀伊の3国を支配させた。…

※「洞ヶ峠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

洞ヶ峠の関連キーワード甘南備丘陵二股膏薬織田武雄男山

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android