日高川町(読み)ひだかがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日高川〔町〕
ひだかがわ

和歌山県中西部,日高川の中流域を占める市。2005年川辺町,中津村,美山村の 3町村が合体。ミカンやナツミカンなど柑橘類の栽培が盛んで,ジュース工場が立地。山地が大部分を占めるため,スギ,ヒノキ,マツを中心とした林業やシイタケの栽培も行なわれる。穿入蛇行の激しい日高川の水位差を利用した,尾曾谷ダム,椿山ダムなどがある。中心集落の鐘巻にある道成寺は大宝1(701)年紀道成(きのみちなり)の建立といわれ,本尊の千手観音立像と菩薩立像はいずれも国宝。境内は国の史跡,仁王門と本堂は国の重要文化財にそれぞれ指定されている。安珍と清姫の一連の縁起物語「道成寺物」でも知られる。町域の一部は城ヶ森鉾尖県立自然公園に属する。町の西端を JR紀勢本線が通り,湯浅御坊道路のインターチェンジがあるほか,国道424号線が通じる。面積 331.59km2。人口 9776(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日高川町の関連情報