コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧教同盟 きゅうきょうどうめいLa (sainte) Ligue

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうきょうどうめい【旧教同盟 La (sainte) Ligue】

16世紀後半のフランスで,宗教戦争(ユグノー戦争)末期に結成された過激派カトリックの同盟。新旧両派の武力抗争が続く中で,国王の周辺に,王権の強化による平和の回復を目指す穏健派カトリックを中心とした第三の党派〈ポリティーク派Politiques〉が形成され,宗教的寛容の傾向を示し始めたのに対し,異端の撲滅を主張する正統派カトリックが,1576年北フランスのペロンヌにおいて宣言を発し結成した同盟で,ギーズ公アンリを首領と仰いだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旧教同盟
きゅうきょうどうめい

カトリック同盟」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旧教同盟の関連キーワードギーズ公アンリ(1世)宗教改革史(年表)アンリ[4世]アンリ(3世)アンリ[3世]バスティーユルチツキーギーズ家リーグ

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android