早川良雄(読み)はやかわよしお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

早川良雄
はやかわよしお

[生]1917.2.13. 大阪,大阪
[没]2009.3.28. 神奈川,鎌倉
グラフィック・デザイナー,イラストレーター。1936年大阪市立工芸学校工芸図案科を卒業後,三越近鉄百貨店に勤めた。1951年に日本宣伝美術会の創設に参加し,1952年にデザイナーとして独立した。淡い色調のイラストレーションを特徴とし,その日本的感覚が後進のデザイナーに大きな影響を与えた。海外でも高い評価を得,1955年に日本人として初めて国際グラフィックデザイナー連盟の会員となった。代表作に,「顔」シリーズ,「形状」シリーズなど。作品集『早川良雄の世界――その情感と形状――』(1985)がある。1955年毎日産業デザイン賞,1981年講談社出版文化賞を受賞。1982年紫綬褒章,1988年勲四等旭日小綬章を受章

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

早川良雄【はやかわよしお】

グラフィック・デザイナー,イラストレーター。大阪府生れ。大阪市立工芸学校卒。パウル・クレー,ベン・シャーン等のモダン・アートの影響を受けながら,柔らかなタッチと卓越した色彩感覚で独自の境地を開拓。抽象から美人画まで描く。その作品は色彩・画面構成の面で知的な完成度をもつが,同時に情緒的で肉感的なスタイルをも備える。1949年―1955年の初期の代表作である《カロン洋裁研究所ポスター》,《秀彩会ポスター》からその姿勢は貫かれ,1968年―1980年代のシルクスクリーンによる抽象的作品《形状》シリーズに色彩,構図の探求の足跡を読み取ることができる。1990年代には《モリサワ》や《岩波文庫100冊》のポスター等を制作している。
→関連項目日本宣伝美術協会

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

早川良雄 はやかわ-よしお

1917-2009 昭和後期-平成時代のグラフィックデザイナー。
大正6年2月13日生まれ。三越,近鉄百貨店などに勤務。昭和26年日本宣伝美術会の創設に参加。27年独立。ディスプレー,ポスターの分野で活躍し,イラストレーターとしても知られる。30年第1回毎日産業デザイン賞,56年講談社出版文化賞ブック・デザイン賞。平成21年3月28日死去。92歳。大阪出身。大阪市立工芸学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android