コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明儒学案 みんじゅがくあん Ming-ru xue-an

3件 の用語解説(明儒学案の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明儒学案
みんじゅがくあん
Ming-ru xue-an

中国,明代の学者を列挙して,その学問の系統を明らかにした書。清の黄宗羲撰。 62巻。康煕6 (1667) 年以後完成。乾隆 14 (1749) 年刊。 196人の学者について,各人の伝記,文集,記録,学説の要点抄録,その批判を著わしたもので,彼の未完の著『宋元学案』とともに中国最初の学術思想史として高く評価されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みんじゅがくあん【明儒学案 Míng rú xué àn】

中国,明末・清初の思想家黄宗羲の著した明代哲学史。1676年(康熙15)ごろ稿成る。62巻。王守仁(陽明)およびその門下を中心にすえて構成。その前史として呉与弼(康斎)―陳献章(白沙)の系統から説き起こし,父の黄尊素を含む〈東林学案〉,恩師劉宗周の〈蕺山(しゆうざん)学案〉でしめくくる。王門の中では江右王門を正統とし,いわゆる王学左派泰州学派には王門の呼称を与えず,李贄(りし)を載せない点に黄宗羲の史観があらわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明儒学案
みんじゅがくあん

中国、清(しん)代初期の思想家黄宗羲(こうそうぎ)の主著。1676年に完成した明(みん)代の儒学史。62巻。明代儒学は陳献章(ちんけんしょう)が端を開き、王守仁(しゅじん)(陽明)に至って大いに明らかになったとし、陽明学正統派から東林学派を経て自らの師劉(りゅう)宗周に至る学術の流れに中心を置きながら、それぞれの思想傾向ごとにグループ別にして学案をたて、事績と学説内容を記載している。自らの史観に基づいて、陽明学派の急進的な一派は儒教から逸脱する方向に向かったと非難し、独創的思想家とされる李贄(りし)や何心隠(かしんいん)などは独立した項目をたてないという限界はありながら、当時の同種の作品と比較すれば、思想界の多様な活動を冷静に網羅的に記述し、しかも人物と学説の特徴を簡潔かつ的確に要約して示しており、この点で彼の遺志を継いで後人が完成した『宋元(そうげん)学案』も遠く及ばない。いまは散逸した資料も多く含まれ、明代思想史の基本文献として利用され、学派の区分もこの書を基礎にすることが多い。[佐野公治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の明儒学案の言及

【黄宗羲】より

…新しい清王朝には出仕しなかったが,康熙帝が明代史を編纂しようとしたときには,弟子の万斯同と子の黄百家を送り史館に入れて協力させた。彼の著述は,きわめて多いが,最も有名なのは,明代学術史である《明儒学案》62巻,宋・元学術史である《宋元学案》100巻(全祖望との共著)で,両書は宋代以後の学術思想を論ずる場合に必須のものである。また,《明夷待訪録(めいいたいほうろく)》1巻は,鋭い君主制批判と民本主義的内容のために,清末の改革運動のなかで再発見され,これによって黄宗羲は〈中国のルソー〉と称された。…

※「明儒学案」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

明儒学案の関連キーワード黄宗羲尚可喜薛瑄明夷待訪録羅欽順羅洪先李漁王岱与宋元学案馬注

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone