コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明応地震 メイオウジシン

デジタル大辞泉の解説

めいおう‐じしん〔‐ヂシン〕【明応地震】

室町時代後期の明応年間に起こった大地震。文献や発掘調査などから、東海・東南海・南海の三連動地震によるものと考えられている。高さ4メートルから10メートル程度の津波が房総半島から紀伊半島にかけての沿岸を襲った。明応大地震明応東海地震

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

めいおうじしん【明応地震】

1498年9月20日(明応7年8月25日)午前8時ころに東海道沖に発生した海洋性巨大地震。既知史料は,この地震の全貌を明らかにするには,まだ足りない。房総から紀伊にかけての太平洋沿岸で強く感じ,熊野本宮の社殿が倒れ,那智坊舎が崩れ,湯の峰温泉の湧出が止まり,遠江では山が崩れ,地が裂けた。この地震による津波は,紀伊から房総の沿岸を襲い,伊豆の新島では1人が死亡,千葉県小湊では誕生寺が流され,浜名湖の岸が切れて海に通じ,今切という地名が残っている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

明応地震の関連キーワード津市

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明応地震の関連情報