コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明応地震 メイオウジシン

2件 の用語解説(明応地震の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

めいおう‐じしん〔‐ヂシン〕【明応地震】

室町時代後期の明応年間に起こった大地震。文献や発掘調査などから、東海・東南海・南海の三連動地震によるものと考えられている。高さ4メートルから10メートル程度の津波が房総半島から紀伊半島にかけての沿岸を襲った。明応大地震明応東海地震

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

めいおうじしん【明応地震】

1498年9月20日(明応7年8月25日)午前8時ころに東海道沖に発生した海洋性巨大地震。既知の史料は,この地震の全貌を明らかにするには,まだ足りない。房総から紀伊にかけての太平洋沿岸で強く感じ,熊野本宮の社殿が倒れ,那智の坊舎が崩れ,湯の峰温泉の湧出が止まり,遠江では山が崩れ,地が裂けた。この地震による津波は,紀伊から房総の沿岸を襲い,伊豆の新島では1人が死亡,千葉県小湊では誕生寺が流され,浜名湖の岸が切れて海に通じ,今切という地名が残っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

明応地震の関連キーワード赤口先負安政五ヵ国条約皇族ドゥーマ背泳平泳ぎ二百メートル走雷記念日残留孤児・婦人訴訟判決

明応地震の関連情報