諦念(読み)ていねん

精選版 日本国語大辞典「諦念」の解説

てい‐ねん【諦念】

〘名〙 道理をわきまえてさとる心。また、あきらめの気持断念
※ギヨオテ伝(1913)〈森鴎外〉四三「遊歴時代の精神は労作(Arbeit)と念(Entsagung)とである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「諦念」の解説

てい‐ねん【諦念】

道理をさとる心。真理を諦観する心。
あきらめの気持ち。
[類語]お手上げ諦める思い切る断念観念往生諦めギブアップくじける降参閉口辟易へきえき屈伏シャッポを脱ぐ途方に暮れる始末に負えない手に負えない手も足も出ないへこたれる参る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android