コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜湯 さくらゆ

大辞林 第三版の解説

さくらゆ【桜湯】

塩漬けにした半開きの八重桜の花を入れて飲む湯。祝賀の席に用いる。 [季] 春。 《 -に亀甲罅の茶碗かな /杉田久女 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

さくら‐ゆ【桜湯】

塩漬けにしたの花に熱を注いだ飲み物。婚礼などのめでたい席で茶の代わりに用いる。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

さくらゆ【桜湯】

桜漬けに湯を注いだ飲み物。湯の中で花が開いて美しく、婚礼などの祝いの席では茶の代わりに用いる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さくらゆ【桜湯】

サクラの花の塩漬を湯に入れて飲むもの。見合いや婚礼の席で茶のかわりに用いられるのは,〈お茶を濁す〉などと使われる茶を避けるためだという。《嬉遊笑覧》(1830序)に〈近ごろはじまった〉とする記載があり,明治初期の東京では繁華な下町の大通りの夏の夜店の中には,床几(しようぎ)に赤いケットをかけて並べた桜湯の店も見られ,麦湯,甘酒,香煎(こうせん)などもあきなっていたという。香煎に湯を注いで飲ませた〈煎物(せんじもの)売〉は職人歌合や狂言に見えるが,そうした〈煎物売〉の商品の一つとして,すでに中国で行われていたランの花の塩漬などにヒントを得て考案されたものと思われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桜湯
さくらゆ

桜漬けを利用した飲み物。江戸後期にはその名前がみえる。サクラの花の塩漬けを1、2輪湯飲み茶碗(ぢゃわん)に入れ、熱湯を注ぎ、花が開いたところを飲む。塩味で、サクラの花の香りが高い。縁起物として、茶を忌む場合、茶のかわりに用いられる。とくに結婚式には欠かせない飲み物である。ほかに吸い物の椀種(わんだね)、刺身のつま、酢の物などにもその色香を利用する。[河野友美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

桜湯の関連キーワード丹沢のさくら漬有福[温泉]桜漬け・桜漬汲み出し茶碗杉田久女半開き湯屋番桜漬春蘭

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android