桜湯(読み)さくらゆ

大辞林 第三版の解説

塩漬けにした半開きの八重桜の花を入れて飲む湯。祝賀の席に用いる。 [季] 春。 -に亀甲罅の茶碗かな /杉田久女

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サクラの花の塩漬を湯に入れて飲むもの。見合いや婚礼の席で茶のかわりに用いられるのは,〈お茶を濁す〉などと使われる茶を避けるためだという。《嬉遊笑覧》(1830序)に〈近ごろはじまった〉とする記載があり,明治初期の東京では繁華下町大通りの夏の夜店の中には,床几(しようぎ)に赤いケットをかけて並べた桜湯の店も見られ,麦湯,甘酒香煎(こうせん)などもあきなっていたという。香煎に湯を注いで飲ませた〈煎物(せんじもの)売〉は職人歌合狂言に見えるが,そうした〈煎物売〉の商品の一つとして,すでに中国で行われていたランの花の塩漬などにヒントを得て考案されたものと思われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桜漬けを利用した飲み物。江戸後期にはその名前がみえる。サクラの花の塩漬けを1、2輪湯飲み茶碗(ぢゃわん)に入れ、熱湯を注ぎ、花が開いたところを飲む。塩味で、サクラの花の香りが高い。縁起物として、茶を忌む場合、茶のかわりに用いられる。とくに結婚式には欠かせない飲み物である。ほかに吸い物の椀種(わんだね)、刺身のつま、酢の物などにもその色香を利用する。[河野友美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 塩漬けの桜の花を湯に入れた飲物。「茶を濁す」といって、茶を用いるのを忌む見合の席や婚礼の席などで用いることが多い。桜の湯。《季・春》
※人情本・春の若草(1830‐44)二「此身(おゐら)茶断だから桜湯(サクラユ)にして貰ひやせう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桜湯の関連情報