コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡蝶蘭 コチョウラン

デジタル大辞泉の解説

こちょう‐らん〔コテフ‐〕【×××蘭】

ラン科の常緑多年草。葉は長楕円形。白や淡紅色の花が咲く。フィリピン・台湾の原産で、温室などで観賞用に栽培。ファレノプシス 夏》「導かれ来し一卓の―/夜半

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こちょうらん【胡蝶蘭】

ラン科の常緑多年草。洋蘭の一種で、観賞用に栽培される。樹木や岩に根を張って生育し、葉は長楕円形で厚い。夏、長い花茎を下垂し、白色の花を数個円錐状につける。 [季] 夏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

胡蝶蘭 (コチョウラン)

植物。ラン科の多年草,園芸植物。ウチョウランの別称

胡蝶蘭 (コチョウラン)

学名:Phalaenopsis aphrodite
植物。ラン科の常緑多年草

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

胡蝶蘭の関連キーワード酒井田 柿右衛門(13代目)アートフラワーブーケ庄野英二あべこ白色一種樹木洋蘭

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胡蝶蘭の関連情報