時衆(読み)ジシュ

大辞林 第三版の解説

じしゅ【時衆】

〔「じしゅう」とも〕
〘仏〙
仏事・説教などの場にいる僧俗の信者全体。 「道俗-共に同心/正信偈」
時宗の僧俗の信者。また、時宗のこと。

じしゅう【時衆】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐しゅ【時衆】

〘名〙 (「しゅ」は「」の呉音)
① 僧俗の四衆。比丘、比丘尼、優婆塞、優婆夷のこと。
※法華義疏(7C前)一「是非不虚妄、但明有解者必能信今日所説一理、以勧時衆不信也」
② 念仏を唱える僧俗。
※平家(13C前)三「みめよう若う壮むなる女房達を多く請じ集め〈略〉時衆にさだめ、彼の両日が間は一心称名声絶えず」
③ (時宗の祖、一遍上人がその同志をこう呼んだところから) 時宗の僧俗。
※高野山文書‐正平一〇年(1355)一一月晦日・山王社上葺事書勘文「灌頂院祈事者、〈略〉於申時、時衆者三日たらに、不断経面々雖御難義、為希代厳重御祈之者」

じ‐しゅう【時衆】

〘名〙 (「しゅう」は「衆」の漢音) =じしゅ(時衆)
温故知新書(1484)「時衆 シシウ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の時衆の言及

【一向宗】より

…一向専修を宗とする浄土教系の宗派を広く一向宗と呼んだ。個別的には《天狗草紙》(1296)の詞書に,〈一向衆といひて,弥陀如来の外の余仏に帰依する人をにくみ,神明に参詣するものをそねむ〉とあり,一遍の時衆を一向衆といっている。また,《一遍流義十二派略記》には,〈一遍上人弟子一向上人住江州番場蓮華寺建一向流義〉とあり,一向俊聖の一向派の徒を一向衆と称している。…

【遊行】より

…中世の高野聖,善光寺聖(善光寺),絵解聖(絵解き),熊野比丘尼らの遊行は,その奉じる寺社の信仰を勧めたが,一部で商人化,売笑化の道をたどった者もいた。 しかし,遊行聖の典型は,寺に住せず,踊念仏と賦算(ふさん)(念仏の札配り)の一生を送った時宗開祖一遍と,彼に従った時衆に見いだしうる。一遍没後は他阿真教が遊行上人となり,道場経営にも力を入れた。…

※「時衆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時衆の関連情報