コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時計草 トケイソウ

デジタル大辞泉の解説

とけい‐そう〔‐サウ〕【時計草】

トケイソウ科の蔓性(つるせい)の多年草。高さ約4メートル。巻きひげで他に絡みつき、葉は手のひら状に深く裂けている。夏、直径8センチくらいの時計の文字盤に似た花を開く。花びらと萼(がく)は淡紅色か淡青色で、その内側に、糸状の紫色の副花冠が多数並ぶ。ペルー・ブラジルの原産で、日本には江戸時代に渡来。同属には花が赤色のホザキノトケイソウやパッションフルーツ(クダモノトケイソウ)などがある。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とけいそう【時計草】

トケイソウ科のつる性常緑多年草。ブラジル原産。日本には享保年間(1716~1736)に渡来。葉は互生し、掌状に深裂。夏、葉腋の花柄に径8センチメートル 内外の花を付ける。萼がく片・花弁は各五個ずつあり、ほぼ同形の長楕円形で平開してつき、白色ときに淡紅色を帯びる。その内側に多数の淡紫色の糸状体から成る副冠がある。果実は卵形の液果。花を時計に見立てこの名がある。観賞用。ボロンカズラ。パッシフロラ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

時計草 (トケイソウ)

学名:Passiflora caerulea
植物。トケイソウ科の多年つる植物,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

時計草の関連キーワードトケイソウ(時計草)蒔田さくら子十返舎一九瀬戸内町淡紫色糸状体深裂掌状葉腋卵形同形

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時計草の関連情報