コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏瓜 カラスウリ

2件 の用語解説(烏瓜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

からす‐うり【××瓜】

ウリ科の蔓性(つるせい)の多年草。山野に生え、巻きひげで他に絡みつく。葉は手のひら状に浅く裂ける。雌雄異株。夏の夕方、花びらの縁が糸状に裂けた白い花をつけ、実は楕円形で赤く熟す。塊根からとるでんぷんは天瓜粉(てんかふん)の代用。たまずさ。 秋》「紅(くれなゐ)もかくては淋し―/蓼太

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

からすうり【烏瓜】

ウリ科のつる性多年草。巻きひげで他物にからみつく。雌雄異株。夏の夕方、縁が糸状に裂けた五弁の白色花を開く。果実は大きな楕円形で赤熟する。根から採ったデンプンは天瓜粉てんかふんの代用になる。また、根を黄疸・利尿薬に、種子を催乳に用いる。 [季] 秋。 〔「烏瓜の花」は [季]夏〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

烏瓜の関連キーワード阿古陀瓜黄烏瓜草藤牛尾菜白瓜雀瓜隼人瓜塊芋コロシント瓜野小豆

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

烏瓜の関連情報