晩化栽培(読み)ばんかさいばい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

晩化栽培
ばんかさいばい

水稲の晩植栽培のこと。暖地の平野部で水稲の前作 (→間作 ) 利用を目的にして古くから行われていた。 1953年以降は農林省で取上げ,西南暖地の各県農事試験場で試験され,品種改良,農薬の普及,栽培技術の向上などの条件に支えられて普及した。植付けが普通栽培より約1ヵ月遅いので,前作に商品作物や地力維持作物を導入できるほか,たばこ,藺草 (いぐさ) 跡にも適用することができ,災害時の応急対策としても利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばんかさいばい【晩化栽培】

かつて熊本県を中心に行われたイネの晩植栽培の一種で,田植時期を遅らせることにより,サンカメイチュウの被害を回避する栽培法である。1922年熊本県の技師藤本虎喜の創案になるもので,当時の普通期栽培の田植が6月上・中旬であったのを,サンカメイチュウの第1化期の発生の終わる7月中旬まで遅らせるという方式である。晩植による生育期間の短縮は収量の低下をもたらすが,この点は苗を密植することによって解決される。この栽培法は,その有効性が確かめられるにつれて,しだいに県下に普及していった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android