暮れる(読み)クレル

デジタル大辞泉「暮れる」の解説

く・れる【暮れる/×眩れる/暗れる】

[動ラ下一][文]く・る[ラ下二]
(暮れる)太陽が沈んであたりが暗くなる。夜になる。「日が—・れる」⇔明ける
(暮れる)季節や年月が終わりに近づく。「今年も無事に—・れた」⇔明ける
(暮れる)同じことを繰り返しして、時が過ぎる。あけくれする。「今日も一日畑仕事で—・れた」
悲しみなどで暗い気持ちのまま時を過ごす。「悲嘆に—・れる」「に—・れる毎日」
どうしたらよいか見通しが立たず困ってしまう。思い惑う。「途方に—・れる」「思案に—・れる」
(「がくれる」の形で)欲望に心を奪われて正常な判断ができなくなる。「金に目が—・れる」
激しい感情のため、目先が暗くなる。目がくらむ。
「いかにしなし奉り給はむとするにかあらむと思ふに、目—・るる心地して」〈落窪・一〉
[類語]更ける沈む傾く落ちる暮れ掛かる暮れなずむ釣瓶落とし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android