コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暮れる/眩れる/暗れる クレル

デジタル大辞泉の解説

く・れる【暮れる/×眩れる/暗れる】

[動ラ下一][文]く・る[ラ下二]
(暮れる)太陽が沈んであたりが暗くなる。夜になる。「日が―・れる」⇔明ける
(暮れる)季節や年月が終わりに近づく。「今年も無事に―・れた」⇔明ける
(暮れる)同じことを繰り返しして、時が過ぎる。あけくれする。「今日も一日畑仕事で―・れた」
悲しみなどで暗い気持ちのまま時を過ごす。「悲嘆に―・れる」「涙に―・れる毎日」
どうしたらよいか見通しが立たず困ってしまう。思い惑う。「途方に―・れる」「思案に―・れる」
(「目がくれる」の形で)欲望に心を奪われて正常な判断ができなくなる。「金に目が―・れる」
激しい感情のため、目先が暗くなる。目がくらむ。
「いかにしなし奉り給はむとするにかあらむと思ふに、目―・るる心地して」〈落窪・一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

暮れる/眩れる/暗れるの関連キーワード行き暮れる・行暮れる秋の日は釣瓶落とし夜道に日は暮れない前後に暮れる雪暗・雪暮れとぼとぼ頃行き暮らす東西を失う頭を抱える途方を失う目が暮れる日暮れ方暮れ行く暮れ易い春日遅遅暮れ合い暮れ遅し行き暮れ暮れ早し日の暮れ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android