コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傾く カタブク

6件 の用語解説(傾くの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かた‐ぶ・く【傾く】

[動カ四]
かたむく1」に同じ。
「大匠(おほたくみ)拙劣(をぢな)みこそ隅(すみ)―・けれ」〈・下・歌謡一〇六〉
かたむく2」に同じ。
「山の端(は)に月―・けば」〈・三六二三〉
かたむく3」に同じ。
「帝(みかど)畏(かしこ)しと申せども、臣下のあまたにしてかたぶけ奉るときは―・き給ふものなり」〈大鏡・後一条院〉
かたむく4」に同じ。
「禅の宗旨に―・かせ給ひて」〈太平記・四〉
《首がかたむく状態になるというところから》不審に思う。疑う。また、非難する。
「この匠(たくみ)が申すことは何事ぞと―・きをり」〈竹取
[動カ下二]
かたむける1」に同じ。
「傘(からかさ)をさしたるに、…横さまに雪を吹きかくれば、少し―・けて」〈・二四七〉
器を斜めにして中の物を出す。
「わたつ海をみな―・けて洗ふとも」〈風雅・釈教〉
かたむける3」に同じ。
「帝を―・け奉らむと構ふる罪によりて」〈栄花・月の宴〉
かたむける4」に同じ。
「なにとか、なにとか、と耳を―・けて問ふに」〈・九〇〉
かたむける5」に同じ。
「白楽天の作をば東坡先生は―・けけるとかや」〈著聞集・四〉

かた‐む・く【傾く】

《「かたぶく」の音変化。「片向く」の意》
[動カ五(四)]
物が斜めになる。かしぐ。「波を受けて船が大きく―・く」「地震で家が―・く」
太陽や月が沈みかける。「日が西に―・く」
勢いが衰える。ふるわなくなって、存在が危うくなる。「家運が―・く」
考えや気持ちがしだいにその方へかたよる。また、その傾向を示す。「賛成に―・く」「心が彼女に―・く」
[動カ下二]かたむける」の文語形。

かぶ・く【傾く】

[動カ四]《「かぶ」は頭の意》
かたむく。頭をかしげる。
「―・けるは稲のほの字ぞ京上﨟/城次」〈貝おほひ
勝手な振る舞いをする。奇抜な身なりをする。
「―・きたる形(なり)ばかりを好み」〈伽・猫のさうし〉
歌舞伎を演じる。→歌舞伎(かぶき)
「いざや―・かん」〈伽・歌舞伎草子

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かたぶく【傾く】

( 動四 )
〔「かたむく」の古い言い方〕
斜めになる。 「海は-・きて陸地をひたせり/方丈記」
首をかしげて、思案する。 「なに事ぞと-・きをり/竹取」
太陽や月が、西に沈もうとする。 「二上山に月-・きぬ/万葉集 3955
勢いが衰える。 「わがよはひこそ-・きにけれ/続後撰 雑中
考えや気持ちがある方向に片寄ったり、引かれたりする。 「この君、禅の宗旨に-・かせ給ひて/太平記 4
非難する。 「この門の名をぞ人-・きける/愚管 6
( 動下二 )

かたむく【傾く】

〔「かたぶく」の転。「片向く」の意〕
( 動五[四] )
斜めになる。かしぐ。 「船が左に-・く」
考えや気持ちがある方面に引きつけられる。 「芸術家に心が-・く」 「賛成に-・く」
そういう傾向をもつ。かたよる。 「理論だけに-・く」 「文弱に-・く」
勢いが衰える。 「国が-・く」 「財政が-・く」
太陽や月が西に沈もうとする。 「日が西に-・く」
( 動下二 )

かぶく【傾く】

( 動四 )
〔「かぶ」は頭の意〕
かたむく。頭を傾ける。 「八束穂の-・きわたりて/六帖詠草」
人目につくような変わった身なりや行動をする。 「 - ・きたるなりばかりを好み/御伽草子・猫」
歌舞伎を演ずる。 「いざや-・かん/御伽草子・歌舞伎」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

傾くの関連キーワード方分く避く側向く向くむくとだりむく・れるはむ・く歯向く報う

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

傾くの関連情報