コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傾く カタブク

デジタル大辞泉の解説

かた‐ぶ・く【傾く】

[動カ四]
かたむく1」に同じ。
「大匠(おほたくみ)拙劣(をぢな)みこそ隅(すみ)―・けれ」〈・下・歌謡一〇六〉
かたむく2」に同じ。
「山の端(は)に月―・けば」〈・三六二三〉
かたむく3」に同じ。
「帝(みかど)畏(かしこ)しと申せども、臣下のあまたにしてかたぶけ奉るときは―・き給ふものなり」〈大鏡・後一条院
かたむく4」に同じ。
「禅の宗旨に―・かせ給ひて」〈太平記・四〉
《首がかたむく状態になるというところから》不審に思う。疑う。また、非難する。
「この匠(たくみ)が申すことは何事ぞと―・きをり」〈竹取
[動カ下二]
かたむける1」に同じ。
「傘(からかさ)をさしたるに、…横さまに雪を吹きかくれば、少し―・けて」〈・二四七〉
器を斜めにして中の物を出す。
「わたつ海をみな―・けて洗ふとも」〈風雅・釈教〉
かたむける3」に同じ。
「帝を―・け奉らむと構ふる罪によりて」〈栄花・月の宴〉
かたむける4」に同じ。
「なにとか、なにとか、と耳を―・けて問ふに」〈・九〇〉
かたむける5」に同じ。
「白楽天の作をば東坡先生は―・けけるとかや」〈著聞集・四〉

かた‐む・く【傾く】

《「かたぶく」の音変化。「片向く」の意》
[動カ五(四)]
物が斜めになる。かしぐ。「波を受けて船が大きく―・く」「地震で家が―・く」
太陽や月が沈みかける。「日が西に―・く」
勢いが衰える。ふるわなくなって、存在が危うくなる。「家運が―・く」
考えや気持ちがしだいにその方へかたよる。また、その傾向を示す。「賛成に―・く」「心が彼女に―・く」
[動カ下二]かたむける」の文語形

かぶ・く【傾く】

[動カ四]《「かぶ」は頭の意》
かたむく。頭をかしげる。
「―・けるは稲のほの字ぞ京上﨟/城次」〈貝おほひ
勝手な振る舞いをする。奇抜な身なりをする。
「―・きたる形(なり)ばかりを好み」〈伽・猫のさうし〉
歌舞伎を演じる。→歌舞伎(かぶき)
いざや―・かん」〈伽・歌舞伎草子〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたぶく【傾く】

( 動四 )
〔「かたむく」の古い言い方〕
斜めになる。 「海は-・きて陸地をひたせり/方丈記」
首をかしげて、思案する。 「なに事ぞと-・きをり/竹取」
太陽や月が、西に沈もうとする。 「二上山に月-・きぬ/万葉集 3955
勢いが衰える。 「わがよはひこそ-・きにけれ/続後撰 雑中
考えや気持ちがある方向に片寄ったり、引かれたりする。 「この君、禅の宗旨に-・かせ給ひて/太平記 4
非難する。 「この門の名をぞ人-・きける/愚管 6
( 動下二 )

かたむく【傾く】

〔「かたぶく」の転。「片向く」の意〕
( 動五[四] )
斜めになる。かしぐ。 「船が左に-・く」
考えや気持ちがある方面に引きつけられる。 「芸術家に心が-・く」 「賛成に-・く」
そういう傾向をもつ。かたよる。 「理論だけに-・く」 「文弱に-・く」
勢いが衰える。 「国が-・く」 「財政が-・く」
太陽や月が西に沈もうとする。 「日が西に-・く」
( 動下二 )

かぶく【傾く】

( 動四 )
〔「かぶ」は頭の意〕
かたむく。頭を傾ける。 「八束穂の-・きわたりて/六帖詠草」
人目につくような変わった身なりや行動をする。 「 - ・きたるなりばかりを好み/御伽草子・猫」
歌舞伎を演ずる。 「いざや-・かん/御伽草子・歌舞伎」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

傾くの関連キーワードランドゥジー‐グラセの法則プレヴォの法則(頭部疾患)マックス イーストマンオーバープロネーションアンダープロネーション呼吸性アルカローシス代謝性アルカローシス代謝性アシドーシスハンブルゲルの法則呼吸性アシドーシスレオポルドの法則ケトアシドーシスアルカローシスつんのめる夕付く日孤城落日吊るし柿ぐらっと御伽草子前のめり

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

傾くの関連情報