コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈む シズム

2件 の用語解説(沈むの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しず・む〔しづむ〕【沈む】

[動マ五(四)]
水面上にあったものが水中に没する。水底へ下降する。また、水底につく。「ボートが―・む」「島が―・む」⇔浮かぶ浮く
周囲より低くなる。「地盤が―・む」「床が―・む」
下の物にめり込む。「柱が―・む」「頭が枕に―・む」
太陽・月などが、地平線・水平線より下へ移動する。「夕日が水平線に―・む」
飛行する物体・投球などが急にその位置を下げる。「機体ががくんと―・む」「ボールが打者の手元で―・む」

㋐望ましくない境遇・状態に陥る。「不運に―・む」「病に―・む」
㋑その心境になりきる。特に、暗い気持ちになる。落ち込む。「物思いに―・む」「悲しみに―・む」「―・んだ声」
地味で落ち着いた感じになる。「―・んだ鐘の音」「全体に―・んだ色調の絵」
色や模様などが浮き立たなくなる。また、存在が目立たなくなる。「黒っぽい背広にグレーのネクタイではネクタイが―・んでしまう」
ボクシングで、打ち倒されて立てなくなる。「マットに―・む」
10 ゲームなどで、最初の持ち点以下になる。「麻雀で一万点―・む」
[可能]しずめる
[動マ下二]しず(沈)める」の文語形。
[下接句]石が流れて木の葉が沈む浮きつ沈みつ浮きぬ沈みぬ思案に沈む涙に沈む

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しずむ【沈む】

〔形容動詞「静か」と同源〕
( 動五[四] )
水面よりも上にあった物が水底に向かって移動し、水面よりも下になる。また、水底につく。 ↔ 浮く浮かぶ 「船が-・む」 「ダムの底に-・んだ村落」
物体が下がって、物の中の方に入ってゆく。 「土台の石が土に-・む」 「体がソファーに-・む」
太陽や月が地平線・水平線に入ってゆく。 ↔ 登る 「日が西に-・む」
空中を飛んでいた物の位置が急に下方に動く。 「機体が-・む」 「ボールが-・む」
恵まれない境遇におちいる。おちぶれる。 「市井しせいに-・む」 「さやうに-・みて生ひ出でたらむ人の有様/源氏 玉鬘
暗い気持ちに落ち込む。気持ちの晴れない状態になる。 「悲しみに-・む」 「憂いに-・む」 「 - ・んだ顔つき」 「 - ・んだ気持ち」
色や音が落ち着いた地味な感じである。 「 - ・んだ紫色」 「 - ・んだ声調」
ある物が、周囲の物との見分けがはっきりつかず、目立たなくなる。 「闇に-・む」
ボクシングで、ノックアウトされて、起きられなくなる。 「三回でマットに-・む」
麻雀などで、最初の持ち点以下になる。 ↔ 浮く 「二千点-・む」
(「病やまいに沈む」の形で)重い病気にかかる。 「病に-・みて返し申し給ひける位を/源氏 澪標
[可能] しずめる
( 動下二 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沈むの関連キーワード抜き手尖む皺む窄む綴じ込む富む瀞む深むLB膜封じ込む

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沈むの関連情報