曙草(読み)アケボノソウ

デジタル大辞泉の解説

あけぼの‐そう〔‐サウ〕【×曙草】

リンドウ科の越年草山野の水辺に多く、高さ60~90センチ。葉は長楕円形で対生。夏から秋に、花びらの先に2個の濃緑色の斑紋と黒紫色の細い斑点をちりばめた白い花が咲く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あけぼのそう【曙草】

リンドウ科の越年草。山地の水辺に生える。高さ約1メートル。四角い茎に三本の主脈のある長卵形の葉を対生する。夏から秋に白色の花を開く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

曙草 (アケボノグサ・アケボノソウ)

植物。バラ科サクラ属の落葉高木の総称。サクラの別称

曙草 (アケボノソウ)

学名:Ophelia bimaculata
植物。リンドウ科の二年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android