コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜〔櫻〕 オウ

12件 の用語解説(桜〔櫻〕の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おう【桜〔櫻〕】[漢字項目]

[音]オウ(アウ)(漢) [訓]さくら
学習漢字]5年
〈オウ〉
木の名。サクラ。「桜花観桜
木の名。ミザクラ。「桜桃(おうとう)
〈さくら(ざくら)〉「桜色葉桜山桜夜桜彼岸桜八重桜
[難読]桜桃(さくらんぼ)

さくら【桜】

バラ科サクラ属の落葉高木の総称。日本の代表的な花として、古来、広く親しまれている。ヤマザクラサトザクラオオシマザクラなど種類は多く、園芸品種も多い。現在多く植えられているのはソメイヨシノ。花は春に咲き、淡紅色・白色など。古くから和歌の題材とされ、単に花といえば桜をさし、かざしぐさ・あだなぐさ・たむけぐさなどともよばれた。花は塩漬けにして桜湯に、葉は塩漬けにして桜餅に用いられ、またミザクラの実は食用。樹皮は漢方で薬用。木材は家具・建築用。 花=春 実=夏》「宵浅くふりいでし雨の―かな/万太郎
桜色」の略。
桜襲(さくらがさね)」の略。
芝居などで、ただで見物するかわりに、頼まれて役者に声をかける者。転じて、露店商などの仲間で、客のふりをし、品物を褒めたり買ったりして客に買い気を起こさせる者。
《色が桜の花に似ているところから》馬肉の俗称。桜肉。
紋所の名。桜の花を図案化したもの。

さくら【桜】[さいたま市の区]

さいたま市の区名。市の南西部、荒川左岸を占め、埼玉大学、桜草公園などがある。

さくら[列車]

山陽新幹線九州新幹線で運行されている特別急行列車の愛称。平成23年(2011)運行開始。多くは新大阪鹿児島中央駅間を往復するが、一部は広島駅などで発着。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タレントデータバンクの解説


芸名

性別
女性

生年月日
2000/02/23

星座
うお座

干支
辰年

出身地
神奈川県

身長
168cm

靴のサイズ
26cm

職種
モデル

趣味・特技
読書/クラシックバレエ

プロフィール
神奈川県出身。趣味・特技は、読書、クラシックバレエ。今後の更なる活躍が期待される。

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

さくら【桜】

馬肉。◇馬肉が桜色であることからともいわれるが、定かでない。「桜肉」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

日本のポピュラー音楽。歌は男性デュオ、コブクロ。2005年発売。作詞・作曲小渕健太郎。2006年、フジテレビ系列で放映されたドラマNs'あおい」の主題歌

日本のポピュラー音楽。歌はシンガーソングライター、河口恭吾。2003年発売。第36回日本有線大賞有線音楽賞受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さくら【桜】

茨城県南部,新治(にいはり)郡の旧村。1987年谷田部,豊里,大穂3町と合体,つくば市となる。土浦市の西に接し,筑波台地と桜川沿岸の低地を占める。筑波研究学園都市の中心地域で,総面積の約1/3を占める西部の研究学園地区には,筑波大学宇宙開発事業団筑波宇宙センターなどが立地するほか,住居,宿泊施設の増加が著しく,都市化が進んでいる。人口は研究学園都市建設以前の1万人弱から10年間で3倍以上ふえ,1985年には人口数4万1335で日本一の村となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さくら【桜】

バラ科サクラ属の落葉高木または低木。北半球の温帯と暖帯に分布し20~30種がある。日本に最も種類が多く、奈良時代から栽植され、園芸品種も多い。春、葉に先立ちまたは同時に開花。花は淡紅色ないし白色の五弁花で、八重咲きのものもある。西洋実桜みざくらの実はサクランボといい、食用。材は器具・版木・薪炭用。重弁の花を塩漬けにして桜湯として飲み、葉は桜餅に使用。染井吉野が代表的であるが、山桜・江戸彼岸・大島桜・八重桜も各地に植えられている。日本の国花。 [季] 春。
馬肉の俗称。
「桜色」の略。
露店などで、客の買い気をそそるため、客のふりをして買い物をする売り手仲間。 〔「ただで見る」の意から芝居の無料見物人の意となり、そこから生じたという〕
「桜襲がさね」の略。
家紋の一。の花、花と枝葉をかたどったもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


さくら

茨城県つくば市南東部の地区。旧桜村。1987年(昭和62)筑波郡谷田部(やたべ)、豊里(とよさと)、大穂(おおほ)の3町と合併、市制施行してつくば市となった。筑波(つくば)台地と桜川沿岸低地からなる。国道354号、408号(学園西大通り)、学園東大通りなど道路網は整備された。江戸時代は天領・旗本領、土浦藩、麻生(あそう)藩などに分割されていた。農業が主で、ネギ、ハクサイ、キャベツなどの野菜生産が多い。村域の西部は筑波研究学園都市区域の中央部を占め、筑波大学や独立行政法人産業技術総合研究所(旧、通産省工業技術院)の諸研究所と公務員住宅団地があり、都市環境が整備されている。国指定重要文化財大塚家住宅がある。[櫻井明俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桜〔櫻〕の関連キーワード末遂ぐ玉散るたよたよどしんねた婆・罵・馬ほほ目を塞ぐ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桜〔櫻〕の関連情報