曲射砲(読み)キョクシャホウ

百科事典マイペディアの解説

曲射砲【きょくしゃほう】

火砲に大きな射角を与えて弾道を湾曲させる射法曲射といい,この射法を主とする火砲を曲射砲という。榴弾(りゅうだん)砲,臼(きゅう)砲などがこれに属し,弾丸の垂直威力および援護物背後の敵の射撃などを目的とする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きょくしゃほう【曲射砲】

曲射する火砲。榴弾りゆうだん砲・迫撃砲などはこの類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曲射砲
きょくしゃほう

射角45度以上で発射された弾丸は大きな曲線(曲射弾道)を描いて落下する。曲射砲はこの曲射弾道専用の小型砲で、迫撃砲と似通っている。旧日本軍で曲射砲の名称を用いたのは、一一年式曲射歩兵砲、九七式曲射歩兵砲、平射兼用の九二式歩兵砲のみで、諸外国では曲射砲の名称はなく、迫撃砲に分類している。日本独自の砲で、歩兵が人力あるいは馬力で運搬可能なもので、小火器の威力不足を補う火力であった。しかし、ストークスの迫撃砲出現以降、曲射砲は制式化されていない。同クラスの迫撃砲のほうが軽便だからである。[猪口修道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きょくしゃ‐ほう ‥ハウ【曲射砲】

〘名〙 曲射するために用いる大砲。臼砲(きゅうほう)、榴弾砲(りゅうだんほう)など。
※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)一二月六日「曲射砲は間接射撃を以て目的を達するものなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android