コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曽鞏 ソウキョウ

2件 の用語解説(曽鞏の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そう‐きょう【曽鞏】

[1019~1083]中国、北宋の文人。南豊(江西省)の人。字(あざな)は子固。欧陽脩の門下で、感情を抑えた平易な文章で有名。唐宋八家の一人。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曽鞏
そうきょう
(1019―1083)

中国、宋(そう)代の文学者。字(あざな)は子固(しこ)。南豊(江西省)の人。南豊先生とよばれる。唐宋八大家の1人。1057年(嘉祐2)蘇軾(そしょく)とともに進士に及第したが、ときに蘇軾は22歳、彼は39歳であった。努力型の人で、文章も粘り強い議論を特色としている。序跋(じょばつ)や雑記などを得意とし、客観的な叙述に優れているのもそのためであろう。その文章は後人とくに清(しん)の桐城(とうじょう)派に大きな影響を与えた。官吏としては昇進も遅く、長い地方官生活のすえ、中央で史館修撰(しかんしゅうせん)・中書舎人(ちゅうしょしゃじん)となったのは60歳を過ぎてからであった。古今の篆刻(てんこく)を集めた『金石録』500巻、詩文集『元豊類稿(げんぽうるいこう)』50巻がある。もと続集と外集があったが、いまは伝わらない。[横山伊勢雄]
『清水茂訳『新訂中国古典選20 唐宋八家文 下』(1966・朝日新聞社) ▽横山伊勢雄訳『中国の古典31 唐宋八家文 下』(1983・学習研究社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曽鞏の関連キーワード司馬光秦観蘇洵趙孟頫陸游劉義慶欧陽脩元嘉宋敏求臨川集

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone