コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曽鞏 ソウキョウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曽鞏
そうきょう
(1019―1083)

中国、宋(そう)代の文学者。字(あざな)は子固(しこ)。南豊(江西省)の人。南豊先生とよばれる。唐宋八大家の1人。1057年(嘉祐2)蘇軾(そしょく)とともに進士に及第したが、ときに蘇軾は22歳、彼は39歳であった。努力型の人で、文章も粘り強い議論を特色としている。序跋(じょばつ)や雑記などを得意とし、客観的な叙述に優れているのもそのためであろう。その文章は後人とくに清(しん)の桐城(とうじょう)派に大きな影響を与えた。官吏としては昇進も遅く、長い地方官生活のすえ、中央で史館修撰(しかんしゅうせん)・中書舎人(ちゅうしょしゃじん)となったのは60歳を過ぎてからであった。古今の篆刻(てんこく)を集めた『金石録』500巻、詩文集『元豊類稿(げんぽうるいこう)』50巻がある。もと続集と外集があったが、いまは伝わらない。[横山伊勢雄]
『清水茂訳『新訂中国古典選20 唐宋八家文 下』(1966・朝日新聞社) ▽横山伊勢雄訳『中国の古典31 唐宋八家文 下』(1983・学習研究社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

曽鞏の関連キーワード八大家(唐宋八大家)唐宋八大家李太白集虞美人戦国策陳師道古文

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android