コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐宋八家文 とうそうはっかぶん Tang-song bajia-wen

2件 の用語解説(唐宋八家文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐宋八家文
とうそうはっかぶん
Tang-song bajia-wen

中国の散文選集。正しくは『唐宋八家文読本』。清の沈徳潜 (しんとくせん) の編。 30巻。乾隆4 (1739) 年成立。唐,宋2代の散文作家,韓愈柳宗元欧陽修蘇洵 (そじゅん) ,蘇軾 (そしょく) ,蘇轍 (そてつ) ,曾鞏 (そうきょう) ,王安石ら8人の散文を選び集めたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とうそうはっかぶん【唐宋八家文 Táng Sòng bā jiā wén】

中国,唐宋の古文の名文集の書名。普通は清の乾隆期の詩文作家,沈徳潜(しんとくせん)の編集した《唐宋八家文読本》を指す。正しくは《唐宋八大家文読本》といい,全30巻から成る。しかしこの沈徳潜本の成立までに明の茅坤(ぼうこん)の《唐宋八大家文鈔》と清の儲欣(ちよきん)の《唐宋十大家全集録》があり,しだいに《読本》の唐の韓愈,柳宗元,宋の欧陽修,蘇洵(そじゆん),蘇軾(そしよく)(東坡),蘇轍(そてつ),曾鞏(そうきよう),王安石に定着したのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

唐宋八家文の関連キーワード古文辞派曾鞏唐順之明州欧陽脩書名唐宋八家唐宋八家文読本臨川集唐宋八大家

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone