曽〔曾〕(読み)ソウ

デジタル大辞泉の解説

そう【曽〔曾〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ソウ(漢) (呉) [訓]かつて すなわち
〈ソウ〉
かつて。以前に。「曽遊
世代が重なること。「曽孫(そうそん)曽祖父(そうそふ)曽祖母(そうそぼ)
〈ゾ〉かつて。以前に。「未曽有(みぞう)
[名のり]なり・ます
[難読]曽祖父(ひいじじ)曽祖母(ひいばば)曽孫(ひまご)

ひ【曽】

[接頭]血縁関係を示す語に付いて、それよりさらに1代離れた関係にある意を表す。ひい。「じじ」「まご」

ひい【曽】

[接頭]ひ(曽)」に同じ。「ばば」「まご」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android