コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曽〔曾〕 ソウ

デジタル大辞泉の解説

そう【曽〔曾〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ソウ(漢) (呉) [訓]かつて すなわち
〈ソウ〉
かつて。以前に。「曽遊
世代が重なること。「曽孫(そうそん)曽祖父(そうそふ)曽祖母(そうそぼ)
〈ゾ〉かつて。以前に。「未曽有(みぞう)
[名のり]なり・ます
[難読]曽祖父(ひいじじ)曽祖母(ひいばば)曽孫(ひまご)

ひ【曽】

[接頭]血縁関係を示す語に付いて、それよりさらに1代離れた関係にある意を表す。ひい。「じじ」「まご」

ひい【曽】

[接頭]ひ(曽)」に同じ。「ばば」「まご」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

曽〔曾〕の関連キーワード曽禰好忠・曾禰好忠・曽祢好忠・曾祢好忠鹿児島県伊佐市大口小木原曽祖父・曾祖父曽祖母・曾祖母五宗(宗族)曽祖・曾祖比売語曽社前古未曽有曽祖父さん曽子・曾子曽祖母さん直系尊属浅田鶴文飛び巡る直系卑属とちめく曽禰好忠大祖母忘れ井曽祖母

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android