今今(読み)イマイマ

デジタル大辞泉の解説

いま‐いま【今今】

《「いま」を重ねて強めた語》
ごく近い過去。たった今。
「―其処(そこ)へ出て行きなすった」〈藤村破戒
待ち望むようすを表す語。今か今か。
「―とわが待つ妹(いも)は鈴鹿山(すずかやま)ふきこす風のはやもきななむ」〈古今六帖・五〉
恐れるようすを表す語。これが最後。
「病をして―となりにければ」〈古今哀傷・詞書〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いまいま【今今】

「今」を重ねて強めた語。現在。当代。 「弟の明尤は-の持国天、此也/今昔 5
その時期が目前に迫っていること。 「にはかに病をして-となりにければ/古今 哀傷詞

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

今今の関連情報