コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一等 イットウ

デジタル大辞泉の解説

いっ‐とう【一等】

[名]
第一の等級。一番目の順位。
一つの等級。一つの階級。「罪一等を減ずる」
いちばん優れている物や事。「一等席」
一等車」の略。
[副]
最も。いちばん。「これが一等いい」
いちだんと。「一等美しく咲き誇る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっとう【一等】

[0][3] ( 名 )
等級・序列などの第一。最上。一番。 「競走で-になる」 「 -米」 →
一つの等級。 「死-を減ずる」
〘仏〙 平等であること。同一。 「万機心と仏祖心と-なりといふ/正法眼蔵」
[0] ( 副 )
最も。一番。 「 -いい」 「たなの-下にある」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一等の関連キーワードsalon deckアンドレ ブリューネチーフオフィサーファーストクラスアイアム一等兵ユーレイルパス罪一等を減ずる作江 伊之助阿部 守太郎江下 武二斗南の一人普通郵便局ワンランク佐藤 丈志入沢 恭平北川 丞三等水兵亀井益雄重巡洋艦上等兵曹

一等の関連情報