コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最少量の法則(リービッヒの) law of the mininum,Liebig's law of the minimum

1件 の用語解説(最少量の法則(リービッヒの)の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

最少量の法則【law of the mininum,Liebig's law of the minimum】

リービッヒの最少養分の法則*ともいう.植物の生産量は,生育に必要な元素中で,供給割合の最も少ないものによって支配される.1843年,ドイツリービッヒ(J. von Liebig)の発見になる.肥料の三大成分(窒素,リン酸,カリ)のどれが不足しても植物は正常に生育しないところから導かれた.現在ではこの概念は拡張されて,生命現象に対する制限因子一般について使われている.最少律*という別名もある.

食物栄養の場合にも,同じように必須栄養分の摂取割合が最も不足しているものによって成長が支配を受ける.これを図示したのが,ドベネクの桶*である.ドベネクの桶*も参照.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最少量の法則(リービッヒの)の関連キーワード最少律リービッヒリービッヒ冷却器コーニッヒの定理最少量の法則髄鞘発生の法則テラー‐レトリッヒの法則ドベネクの桶ミッチェルリッヒの同形の法則リービッヒの最小養分の法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone