コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最少量の法則(リービッヒの) law of the mininum,Liebig's law of the minimum

法則の辞典の解説

最少量の法則【law of the mininum,Liebig's law of the minimum】

リービッヒの最少養分の法則*ともいう.植物の生産量は,生育に必要な元素中で,供給割合の最も少ないものによって支配される.1843年,ドイツのリービッヒ(J. von Liebig)の発見になる.肥料の三大成分(窒素,リン酸,カリ)のどれが不足しても植物は正常に生育しないところから導かれた.現在ではこの概念は拡張されて,生命現象に対する制限因子一般について使われている.最少律*という別名もある.

食物栄養の場合にも,同じように必須栄養分の摂取割合が最も不足しているものによって成長が支配を受ける.これを図示したのが,ドベネクの桶*である.ドベネクの桶*も参照.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

最少量の法則(リービッヒの)の関連キーワード最小必要量の法則収量漸減の法則限界因子の法則報酬漸減の法則ミッチェルリヒ最少量の法則最少律施肥

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android